【将棋】Macで水匠3改と騨奎紫(たけし)を使って棋譜解析する

このページにたどり着いている人は、おそらく将棋好きなので
説明は不要だと思うが、水匠3というのは強い将棋解析ソフト(説明下手)

将棋の解析ソフトってWindowsなんだよねーと思い込んでいたら、
こちらの記事を発見した。 →Macで将棋ソフト(将棋所)と水匠2を導入する

え?Macでも動くの?

現在は水匠2のパワーアップ版の水匠3改が出ているそうなので、
Macでも使えるか試してみたら、手順はほぼそのままでOKだった。

<2021/5/15追記>
振り飛車評価関数「騨奎紫(たけし)」も導入した。

やること

  1. 将棋所Macの導入
  2. 将棋ソフトYaneuraOuのコンパイル
  3. 評価関数(水匠3改)の導入
  4. 将棋所に水匠3改を登録して検討する
  5. 振り飛車評価関数「騨奎紫(たけし)」の導入・登録

以下説明していく。


1. 将棋所Macの導入

上記の記事の通り、以下から最新版をダウンロードする。
将棋所Mac:ダウンロード

2021年4月現在の最新版はver1.4.0

ダウンロードできたら、将棋所.appファイルを
アプリケーションフォルダに移して、
ダブルクリックして立ち上がればOK。

2. 将棋ソフトYaneuraOuのコンパイル

こちらも、上記記事の通りに行えば問題なし。

2-1. ソースコードのダウンロード

Releases · yaneurao/YaneuraOu · GitHub

↑こちらから、最新の Source code をダウンロードする。

2021年4月現在の最新版はver6.00で、
以下をクリックするとダウンロードできる。
Source code (tar.gz)

2-2. YaneuraOuのビルド

上のファイルはダウンロードフォルダに置かれていると仮定。
ターミナルを開いて以下のように打ち込む。

cd ~/Downloads/YaneuraOu-6.00/source/
cp Makefile Makefile.org

Makefileを修正する。
viでもいいし、Finderで上のsourceフォルダを開き、
Makefileを右クリックして、
CotEditorなどのテキストエディターで開いてもいい。

suisho3-on-mac6.png

68行目の行頭の「#」を外して、
69行目の行頭に「#」を追加する。
編集後、68行目、69行目はこうなる。

COMPILER = g++
#COMPILER = clang++

ターミナルに戻ってmakeする。

make

warningがいろいろ出るが、「ERROR」が出ずに、
sourceフォルダに YaneuraOu-by-gcc というファイルが
できていればOK。

suisho3-on-mac1.png

3. 評価関数(水匠3改)の導入

水匠3改を利用するには、まず水匠3を導入し、
評価関数のファイル(nn.bin)のみ、
水匠3改のものに差し替える。

3-1. 水匠3の導入

こちらから水匠3の最新版をダウンロードする。
将棋 - Google Drive

2021年4月現在「水匠3(201231).zip」が最新。
ダブルクリックして開いてから、
画面右上のダウンロードボタンをクリックする。

zipファイルを解凍する際にエンコードを聞かれたが、
デフォルトの「Shift-JIS」のままでOKだった。

suisho3-on-mac5.png

解凍してできたフォルダは、どこに置いてもいいようだが、
「アプリケーション」→「将棋所」→「水匠3」として置いた。

このフォルダに上で作ったYaneuraOu-by-gccもコピーしておく。

3-2. 水匠3改に差し替え

こちらから「水匠3改(20210111).zip」をダウンロードする。
水匠3改(20210111).zip - Google Drive
画面右上のダウンロードアイコンをクリックすればOK。

解凍時にやはりエンコードを聞かれたが、
同じく「Shift-JIS」のままでOK。

解凍すると、入っているファイルは「nn.bin」だけ

これを上の「水匠3」→「eval」フォルダに入っている、
「nn.bin」に上書き保存する。

suisho3-on-mac8.png

4. 将棋所に水匠3改を登録して解析させる

将棋所を開き「対局」→「エンジン管理」→「追加」から、
「アプリケーション」→「将棋所」→「水匠3」→「YaneuraOu-by-gcc」を指定する。
これで水匠3改を評価関数+解析部としたエンジンとして、
YaneuraOuが登録できる。

suisho3-on-mac2.png

versionは6.00のはずだがYO5.40と表示されるが、細かいことは気にしない。

<追記>
「水匠3」フォルダにある「engine_name.txt」の内容が、
エンジンの名前として表示されるので、これを
「Suisho3/YO5.40」→「Suisho3/YO6.00」と変更したら、
エンジン名も変わった。
<追記ここまで>

また、エンジンは登録しただけ喜んでいてはダメで、
ちゃんと使うように指定する必要がある。

「対局」→「検討」で、エンジンを設定する。
エンジンは1つしか登録していないはずなので、
最初から「Suisho3/YO5.40」が選択されているはず。

suisho3-on-mac4.png

時間の制限をお好みで決めて「設定」。
強い人はもっと長く時間を取るのだろうが、
私のようなへっぽこは、一手につき制限5秒でも十分っぽい。

「対局」→「棋譜解析」でも、 同様に設定する。

これで、水匠3改を使って解析できるようになった!

5. 振り飛車評価関数「騨奎紫(たけし)」の導入

調子に乗って、2021年春時点で最強の振り飛車評価関数である
「騨奎紫(たけし)」も導入してみる。

BURNING_BRIDGES.7z
↑こちらの画面右上のダウンロードボタンを押してしばらく待つと、
ダウンロードが開始される。

takeshi-on-mac1.png

ファイルを解凍すると「BURNING_BRIDGES」フォルダができるので、
これを「アプリケーション」→「将棋所」フォルダに入れる。
大事な評価ファイルの「nn.bin」は「BB_denryu-tsec1」というフォルダに
入っているが、フォルダ名を「eval」に変更する。

上の「BURNING_BRIDGES」フォルダにYaneuraOu-by-gcc ファイルをコピーして、
同様にエンジン登録を行い、「検討」と「棋譜解析」に指定したところ、
解析できるようになった!


Macでも「水匠3改」と「騨奎紫(たけし)」を使ったAI解析ができるようになった。
では、この強力な武器を、上達のためにどう使っていけばいいのか?

次回以降考えていきたい。いきたい...!

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2021年4月25日 21:16に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「web拍手にお答え 2021年1月〜3月」です。

次のブログ記事は「相手を押し込むのが上手そうな天使」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ