環境問題の最近のブログ記事

recycle.jpg

プラスチックごみの処理方法を考える研究会
中間報告 2011年8月9日版

プラスチックのリサイクル。

ずっと「本当のところどうなの?」
と以前から思っていたトピックだったので、
上の報告書を見つけて読んでみた。

結論は、P55、P56(同じスライド)の表。

要約すると、家庭ごみでも産廃でも

  • リサイクルが容易なよく分別されたPETボトルや白色トレイ→材料リサイクル
  • 様々な種類が混ざったプラスチック→ケミカルリサイクル、ガス化、RPF化
  • プラスチック含有ごみ→サーマルリサイクル(燃やす。望ましくは発電)

ということであるようだ。

他に得た知識としては、以下のようなところ。

  • 材料リサイクルは案外残渣が多い(半分)
  • あまり分別や洗浄にエネルギーをかけるのはムダ
  • プラスチックを燃やしてもダイオキシンはほとんど出ない(対策済み)
  • 容器リサイクル法でCO2削減を図るのはコストが高過ぎる

ものすごく手間がかかった資料なのはわかるが、
何を言いたいのかわからないスライドが多々見受けられ、
把握が難しかったのが残念なところ。

他には、プラスチックのリサイクルについては
こちらが参考になる。
東京都廃プラ危機 市民のための環境学ガイド
最新ペットボトルのリサイクル 市民のための環境学ガイド

「水でさっとすすいでキレイになるプラはリサイクル。汚れの落ちないプラはサーマルへ」

東京都廃プラ危機 市民のための環境学ガイド
ペットボトルはリサイクルをしないよりは、した方が遥かに良い

最新ペットボトルのリサイクル 市民のための環境学ガイド

同じ結論ですな。


ということで、プラスチックはできる範囲でリサイクル。
汚れたのを一生懸命洗うのはエネルギーのムダですよ、と。

覚えたぞ!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ゴミレンジャー

ごみ減量戦隊ゴミレンジャーについてもうちょっと詳しいプロフィールを創作紹介しよう。

ごみレッド
言わずと知れたゴミレンジャーのリーダーで、燃えるゴミの減量をする。 まゆ毛が太くて声が大きく 暑苦しいノリの 正義感の強い熱血漢である。 多分空手をやっていて、意味もなく無生物を壊すのが得意。 また、悪の敵を倒して一時の安らぎがおとずれたときに、 全くおもしろくない 彼一流のジョークで戦いに疲れた皆の心を和ますのも彼の役割である。

ごみブラック
もちろん忍者で、誰がなんと言おうと忍者で、燃えないゴミの減量をする。 煙幕により視界を奪った隙にゴミを一瞬にして移動させ、 あたかもゴミが減ったかのように見せかける。 忍者なので普段も黒い服を着ているし口数が少ないしほどけないロープの結び方をたくさん知っているけれども泳げなくて女性と犬が弱点。 好物は海苔(味付け)。

ごみブルー
青いので海が好きなサーファーで、水っぽい生ゴミの減量担当。 具体的には水分を絞ってその水分をそのまま海に流す環境汚染野郎である。 サーファーなのだがそれほど日に焼けておらず、 丘サーファーであることを示唆している。 一生懸命働くことが嫌いなすかした女好きだが、終盤では真実の愛に目覚めたりする。 得意技は波乗りアタック。

ごみピンク
ゴミレンジャー唯一の女性で、とてもフェミニンな感じ。 裁縫が得意で衣類の再利用などリサイクル関係担当。 結んで長くした衣類により相手を縛り、体の自由を奪う。 趣味はカラオケ。

ごみイエロー
現在のゴミ減量マンで、プラスチックゴミ担当。 好物は言うまでもなくカレー。

というように、紹介文の量がやる気とともに徐々に減少していることがおわかり頂けたと思う。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ゴミ減量マン

ごみ減量マンは誰でしょう 正体は山形市職員

ごみ減量マン!!
なんとすばらしい響きを持つヒーローだろうか。 写真を見ても、その名に恥じない風格を感じさせる外見である。 (特にベルトと目の部分のネット)

このように ツッコミどころ 見どころ満載のごみ減量マンだが、 タイトルの疑問に一瞬で答えてしまっていること以外にも、 ヒーロー誕生のストーリーが秀逸である。

「ヒーローを登場させるのはどう?」

職員らが企画を練る中で飛び出た冗談が、冗談ではなくなった。 視線は自然と、課の中で一番若い三浦さんに集まったという。 職員1年生でもあった三浦さんは「断れるわけがなかった」

泣かせる話だ。 最初はさぞかし 「はたしてごみ減量マンとしての勤めを果たすことができるだろうか?」 とその重責に押しつぶされそうになり、悩んだことだろう。 しかし今や彼は、世の中になくてはならない、 どこに出しても恥ずかしくない立派な「ごみ減量マン」である。

「最初は恥ずかしかった。でも今じゃ、子供の笑顔や歓声がうれしくて。 素直な反応に僕がのせられてしまいます」

というセリフからも、ヒーローとしての自覚と自信、 そしてごみ減量マンとしての誇りが伺える。

ところで、ごみ減量マンはもともとごみ減量戦隊ゴミレンジャー(五人) の一員ごみイエローだった。 しかし悪の博士フホウトウキーの攻撃によって、 ごみレッド(リーダー)とごみブラック(忍者)とごみブルーごみピンク(女性)が倒されてしまったために、 残ったごみイエロー(カレーが好物)が「ごみ減量マン」としてがんばっているのである。(この段落全部ウソ)


ということで触発された私は、対抗して「ごみ袋取り換えマン」を目指そうと思う。 得意技はもちろん「いっぱいになったゴミ袋の交換」で、 敵は倒せないがゴミ袋から悪臭が発生するのをある程度防ぐぞ! しかしヒーローとしてまったく絵にならないぞ!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

家電リサイクル

 家電リサイクル法が4月から始まるに当たって、 家電の粗大ごみが急増している。
皆さんご存知だと思うが、家電リサイクル法では廃棄する際に「消費者が」 処理料金を負担しなくてはならないからだ。 料金は以下の通り。

  • 洗濯機・・・2400円
  • テレビ・・・2700円
  • エアコン・・3500円
  • 冷蔵庫・・・4600円

 ああそうですかと払うには抵抗がある値段だ。 不法投棄が増えであろう事は想像に難くない。 では、なぜ購入する時点で価格に含まないのだろう?

値段が高くなると売れなくなる?
いや、どうせ全ての商品が横並びでゲタを履けば相対的な価格の高低は変わらない。 でも他にこれといって思い浮かばないし、これなのかなぁ。

しかし意識の高い消費者を期待したところで破綻するわけで、 ベストな方法とは到底思えない。 どうなることやら。

経済産業省の 家電リサイクル法に関するページ

なぜにアラレちゃん?
あ、タロウが「みんなの力で地球環境を守るんだ」とか言ってる。なんと。

あ、ガッチャンに頼めば全部食べてくれるなぁ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち環境問題カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリは買い物です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ