twitterの最近のブログ記事

Tweetボタン設置

Twitter / Tweet Button
を見ながら、Tweetボタンを設置してみた。
右下の「web拍手」ボタンに乗っかってるやつ。

実は前から設置してあったのだが、こっちのボタンの方が
見た目が好みだったので交換してみた。

実はここを色々見ながらいじくってみたがうまくいかず、
散々Movable Typeで再構築しまくった揚げ句元に戻した、
というのは根も葉もないウワサなので、さっぱり心当たりがない。
誰だ。リークしたのは。

ということで、Twitter対策も万全!
ICT対応完了の当サイトの先進ぶりったらないな!
ツッコム隙を与えずさようなら!

ありがとうございます。皆さんの拍手が私のモチベーションです→

支えるべきもの

Togetter - まとめ「ユーザの自由、作者の自由」

夜フクロウというtwitterアプリの作者さんとそのユーザーとのやりとり。
mutaさんサイトで意見を書かれるそうですが、
私もへなちょこアプリを公開したり、
Macのオンラインウエアに関わっているのでちょっと一言。

<追記>
mutaさんも記事を書かれました。同感です。
For Whom the Bell Tolls〜誰がために鐘は鳴る〜フリーウエアは誰のためにあるのか?
</追記>

@aki_null ソフトの作者は、作って公開した瞬間に社会的責任が生じるのです。「自分が勝手に作って・・・」という言い方は通用しません。大量のユーザーが居て、それぞれの仕方でTweetしてるのです。自分だけの都合でソフトの機能を制限しないでください。多くのユーザーがいますから。

Twitter / としま: @aki_null ソフトの作者は、作って公開した瞬 ...

私の感覚では、そんな「社会的責任」なんてない。
オンラインウエアは、まさに「自分が勝手に作って」で良くて、
それを便利だと思う人が使えばいいし、思わない人は使わなければいい。
それだけの話。

特にtwitterクライアントはいくつも選択肢があるわけだし、
気に入らないものは使わなければいいだけのこと。

企業が商用ソフトとしてお金を取っているのであれば、
ユーザーの意見を吸い上げて反映させろ、という意見もまだわかるが、
それですら義務ではない。
ユーザーの意見を反映させない自由はあるわけで、
それによって使われなくなるだけだ。
Vistaが良い例じゃないか。

この考えをうまく説明してくれるものを探していたら、あった。
以下はMacintosh Newsの秋山先生の文章。
皆様へのお願い(Macintosh News)

「Macintosh 関連サイト」を「オンラインウエア」に。
「サイトの運営」を「アプリの作成」に読み替えれば、
私の言いたいことを説明してくれている。
もちろん、読み替える前の文章も全面的に賛成。

オンラインウエアは、作者さんの多大な労力の上に成り立っているもの。
支えるべきものであって、責任を要求するものではない。

このスタンスではない人が多くなればなるほど、
オンラインウエアを作ってくれる作者さんはいなくなり、
最終的に困るのはユーザーの方だ。
なんでそれがわからないのか。
自分で作った経験がないからなのだろうか。

今回の件も、夜フクロウの作者さんaki_nullさんは少なからずモチベーションが下がってしまっているように思う。
それこそが、私が危惧していたことだった。

ありがとうございます。皆さんの拍手が私のモチベーションです→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちtwitterカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはMovable Typeです。

次のカテゴリはWebサービスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

広告

アーカイブ