ラノベに挑戦

筒井康隆さん、73歳でライトノベル作家に - MSN産経ニュース

筒井さんの公式ホームページによると、「ビアンカ・オーバースタディ」というライトノベル作品を2008年1月発売予定の雑誌「ファウスト」(講談社)に掲載する。詳細は未定という。

筒井さんの公式ホームページに直行するオレ。→筒井康隆 - 公式サイト
おー、禁無断転載とか書いてあるから貼らないが、確かに書いてある。

ということで、「ビアンカ・オーバースタディ」の内容を勝手に大予想。


ビアンカは息を細く、しかしながらゆったりと力強く吐いた。

「呼ッ!!!」

次の瞬間、ビール瓶は上下二つのパーツに離れていた。
切り口はまるで刃物で切り取ったかのように滑らかだ。
ビアンカは目を細めて切り口を見つめている。その息はまるで乱れていない。

「ビアンカ。勉強にあきたからってビール瓶の試し割りはもうやめなさい。 もう何本目ですか。ビールがもったいないですよ。ちゅるちゅる。」

床にこぼれたビールをすすりながら話しかけてきたのは、 ビルフォード・ロドモゴストロブカナフシャリー。
ビアンカの家庭教師だ。

ビルは世界博士の権威で、宇宙の起源から動物の排泄物に住む無数の微生物まで、何でもよく知っている。
そんな人物が、なぜか女子高生の家庭教師をしている。
しかしビルはその境遇に全く不満を抱いていないようだ。
ビアンカの存在そのものに興味があるからだ、と彼は笑ってその問いをかわす。

「あたしに指図するな!」
パシッ

瞬間放たれた音速の後ろ回し蹴りを、ビルは右手で受け流しつつ逆に軸足を軽く払った。 ビアンカは今月37回目の敗北の悔しさにひたりながら、ぐるりと回る天井のシミの動きをとらえていた。

今日も補習だ。


ラノベっぽさを出そうとして強烈に失敗している。
そもそもなんだこれは。格闘モノなのかSFモノなのかハッキリして欲しい。
と自分で書いたものにカラむのも芸がないので終了。

続編はありません。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2007年11月11日 00:03に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SOUCA?」です。

次のブログ記事は「DRAWERS icon」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ