Release Memoryの役目は終わったかも(Leopard)

cocoa*life » Mac OS X Leopard 感想2

 先ほどからずっと使っているのですが、本当に宣伝じゃないんですが、びっくりするほど快適になりました。まず虹色くるくるが出ない。本当に出ません。起動も爆走だし。

そう。そうなんですよ!

これまで不使用メモリを解放するスクリプトである、 Release MemoryとかFreemem Keeperみたいなものを作った理由は、 swapfileが増殖すると(特に4つ以上)ちょっと何かすると、 すぐに虹色くるくるが出て操作を受け付けなくなってしまうため、 これじゃあ何にもできないよ!とイライラしたからなのだった。

しかし、Leopardにしてから、虹色くるくるが全然出ない。 しばらく、思い切ってswapfileが5つできている状態で使い続けてみたのだが、 全然動作は遅くならないし、特に実用上の問題は感じなかった。 時々出現するにしてもSafariが落ちるときぐらいで、これもSafari以外のアプリは元気に動く。

となると、Leopardでは、Release Memoryの出番は終わったのではないだろうか・・・?
そんな風に考えている。

いいことなのだが、さびしくもある。

<'07 11/19追記>
どうもFinderの再起動とlocateデータベースの更新は有効である様子。 とりあえずしばらく調査継続。
</追記>

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2007年11月17日 00:01に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Safari3がよく落ちる(Leopard)解決編」です。

次のブログ記事は「気になった記事いくつか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ