エルゴソフトのパッケージソフト事業終了のお知らせについて2

昨日はあまりのことに、動転してしまい何も書けなかった。
エルゴソフトのパッケージソフト事業終了のお知らせについて
ので今日はまじめに書こう。決してめんどくさかったわけじゃないんだ。本当だ。

さて、私がやさぐれている間に、多くの方が本件に関してエントリーを書かれている。

J.S. Mach: エルゴソフト パッケージソフト事業終了
EGBRIDGE と EGWORD(感じ通信)
EGBridge開発担当ご本人の「事業撤退の挨拶」に一抹の淋しさが・・・(muta's mac scribbling)
shiology : egwordよ、永久に
エルゴソフト社のパッケージ販売終了発表を耳にして...

皆さん一様に残念だというコメントを上げられているのは、それだけ良いソフトだったという証左であるように思う。 私もOS9の頃からegbridgeを使っているが、OSXになりegbridge Universalになってからも進化を続け、ユニバーサル履歴変換、スマート予測変換などユーザーが使いやすい良い機能を追加していくegbridgeに好感を持っていた。 ユニバーサルパレットはいろいろといじって遊んだし、実際使えるものだった。

これだけ評判が良いソフトがこのまま埋もれていってしまうのは、あまりにもったいない。 今後どこかで開発が続けられるあてがないのであれば、オープンソースに放り投げてもらうというのはいかがだろうか。全く深く考えないで言っているので、問題はいろいろとあるのだろうが。

最後に。本家の方の言葉と、それに対するコメントたち。
Cocoa を飲んで、ほっとして。:事業撤退

コメントが熱い。開発者冥利に尽きる言葉たちだ。この方、これ読んだら泣けるんじゃないだろうか。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2008年1月29日 23:55に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エルゴソフトのパッケージソフト事業終了のお知らせについて」です。

次のブログ記事は「Top 10 Plays of January」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ