もっときちんと略すべき

世の中妙な略し方が多すぎ!もうちょっと考えて略すべき!

1.「グラム」

「肉100gあたりいくら」というのを「グラムいくら」って! 「100」と「g」二つ揃って初めて意味が通じるというのに、「100」を略したら何グラムなのかわからないって!

ちゃんと意味が通じる略し方にするなら、「ひゃぐら」。「合挽きひゃぐら120円」これしかない!

2.「キロ」

言いやすさしか考えていない略し方はやめるべき! 「キロ」なんて「1000倍」という意味しかないのだから、そこだけ残しても重さなのか速度なのか距離なのか圧力なのかわからんでしょう! ちゃんと意味がわかるように略そうよ!

例えば、体重なら「キログラム」なのだから、ちゃんと略すなら「キグラ」あるいは「キグ」に大決定。なんか黄色いモグラみたいだが気にしない。

距離なら「キロメートル」なのだから、「キメ」。もう絶対これしかない。気合いの入った女子のお化粧を想像させるが、正しい略し方のためには仕方ないことだ。

速度なら「キロメートルパーアワー」なのだから、「キメパー」あるいは「キメア」あるいは「キメパワー」。これまた女子のオシャレ力のような感じだが、意味を正しく通じさせるには仕方がないことだ。

圧力なんてもっとひどい!「キロ」と言っても「キログラム重パー平方センチ」なのか「キロパスカル」なのかわかりゃしない! ちゃんと略すなら、前者は「キグパセ」あるいは「キグセ」。後者は「キパス」あるいは「キパス」。これしかない! ドラクエの呪文の活用みたいだが、正しい略し以下略

ということで、世の中に正しい道を提示した心地よい満足感にひたりつつ、ここにキーボードを置く。いやー、いいことした。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2008年6月 4日 07:01に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「読書メモ: 光と物質のふしぎな理論—私の量子電磁力学」です。

次のブログ記事は「ButlerでSizzling Keysっぽい動作をする」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ