Think+PresentYourAppsで作業用の環境が作れた

以前、MacJournal4:全画面表示モードがすばらしいというエントリーで、こんなことを書いた。

全画面表示の可能性

この「余分なものを排除する」ことによる効率向上の余地は、文書作成の他にもあるのではないだろうか。例えばプレゼンの資料を作成するときかもしれないし、映像を編集するときかもしれない。色々あるだろう。これらの作業を行うアプリも、他のアプリケーションを排除した「単一アプリモード」を持つことで、生産性が上がるのではないだろうか。

これが、Think+PresentYourAppsという組み合わせで実現できたっぽい。

Think

上のエントリーのコメントで、Thinkというアプリを紹介していただいた。
Freeverse: Apps: Think

これは、複数のアプリが起動中でも、アクティブなアプリ以外を隠してしまう。 つまり、「単一アプリモード」を実現することによって、行っている作業に集中できるようにするツールである。 詳しくは、Macテクノロジー研究所さんで紹介されている。
デスクトップユーティリティー「Think」を使ってみた

試してみたところ、確かに良い感じだ。 しかし惜しいことに、MacJournalの全画面表示には以下の点で劣ると感じた。

  1. Dockが表示されている
  2. メニューバーが表示されている

1.は「Opt+Cmd+D」でDockの表示/非表示を切り替えてもいいのだが、2.はどうしようもない。 やはりメニューバーまで消し去ってしまう、MacJournalの全画面表示の潔さには及ばない。

PresentYourApps

と思っていたら、wakabaさんがPresentYourAppsというアプリを紹介されていた。
わかばマークのMacの備忘録 : PresentYourApps

これは、メニューバーやDockの表示の仕方を、アプリ毎に設定をすることができるものだ。 私が注目したのは、メニューバーを隠せること(Hide Menu Bar)。 この設定をすると、通常はメニューバーが隠れていて、カーソルを画面の上端に持っていったときにだけと、メニューバーが現れるようになる。 wakabaさんが画像つきで説明されているので、そちらを参照されたい。

ということは、PresentYourAppsでメニューバーとDockを隠す(Hide Menu Bar and Dock)ように指定すれば・・・

PresentYourApps1.jpg
メニューもDockも見えなくなった!(マウスオーバーで現れます)

ということで、いろんなもののメニューバーとDockを隠してやることにした。

PresentYourApps2.png

ちなみにこの「メニューバーを隠す」機能は、OSに装備されているらしい。興味のある方はどうぞ。
TN2062 - Guide to Creating Kiosks on Mac OS X


まとめ

  • ThinkとPresentYourAppsを組み合わせることで、「どんなアプリでもMacJournalっぽく全画面表示」が実現できた
  • 集中して作業をしたいときには重宝する予感

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2008年6月 8日 11:50に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Web拍手にお答え2008年5月」です。

次のブログ記事は「ImageWellがシェアウェア化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ