Release Memory for Leopardを作ってみた

Leopardはメモリ管理が結構賢くなったので、メモリ解放は要らないかと思っていたものの、やっぱりスワップファイルが5個とか6個とかできると、なんか動作が遅くなる気がする。 (→Release Memoryの役目は終わったかも(Leopard) (うむらうす)

そこで、気が向いたので、なぜか今頃になってRelease MemoryをLeopardに対応させてみた。 いろいろやってみた結果、Dockの再起動とlocate databaseの再構築は効くと判断。 他のおまじないは残しておく。

そもそもRelease Memoryって何?という人は、wakabaさんによる説明を参考されたい。 私の説明よりよっぽど丁寧でわかりやすい。
わかばマークのMacの備忘録 : Release Memory2 

ということでRelease Memory for Leopardを作った。

何をするの?

やっていることは以下の通り。

  1. Finder再起動
  2. Dock再起動
  3. Dashboard cache消去
  4. locate databaseの更新

4.に管理者権限が必要らしいので、パスワードを要求されるのでうろたえないこと。 パスワード入力が不安な人は、ソースは確認して安心してから走らせて欲しい。 Scriptスタートから終了までには3〜4分かかるので、お茶をすするなり瞑想するなりして過ごして欲しい。

いつ使うの?

良く効くタイミング:
長くネットサーフィンなど作業したとき。重いアプリを終了させた直後。

効きにくいタイミング:
ついさっきRelease Memoryを走らせたばかり。

ダウンロード

以下に、終了をダイアログで知らせるか、Growlで知らせるか、2通りのスクリプトを上げておく。 好みで使い分けて欲しい。

・ダイアログでお知らせバージョン
→ Release Memory for Leopard.zip

・Growlでお知らせバージョン
→ Release Memory for Leopard(Growl).zip

使い方

zipファイルにしてあるので、ダブルクリックするなどして解凍し、
/ホーム/ライブラリ/Scripts/
に放り込んでおくと、スクリプトメニューからアクセスできるようになる。 スクリプトメニューの使い方は、↓の「方法2:スクリプトメニューに登録する」を参照のこと。
NBA TVのvideoを手軽に楽しむ (うむらうす)

そしていつも通り、こいつがなにか暴走しても何の保証もしかねますので、ご利用は自己責任でお願いします。 (自分で言うのもなんだが、なぜdatabaseを更新するとメモリが解放されるのかよくわからない)

でもね、メモリ解放に一番効くのは、ブラウザとか重いアプリをマメに終了させることなんですよね。


7/5追記:
mutaさんに紹介していただいた。 いつもありがとうございます。
Release Memory for Leopard(Growl)(Freeware)
追記ここまで

関連記事:
スワップファイルをなくそう4 - Release Memory2 (for Tiger) (うむらうす)
空きメモリ確保AppleScript「Freemem Keeper」作った (うむらうす)
残り空きメモリ監視AppleScript「Freemem Monitor」作成 (うむらうす)

以下ソース。興味のある方はどうぞ。

ダイアログ版

-- 1 Restart Finder
tell application "Finder"
quit
delay 1
activateFinder() of me
if exists Finder window 1 then
activate
set windowBounds to (bounds of Finder window 1)
set theFolder to target of Finder window 1
close Finder window 1
open theFolder
set bounds of Finder window 1 to windowBounds
end if


end tell
on activateFinder()
try
tell application "Finder" to activate
on error
activateFinder() of me
end try
end activateFinder

--2.Restart Dock
do shell script "killall Dock"

--3.Delete Dashboard cache
do shell script "rm -rf ~/Library/Caches/DashboardClient/*"

--4.Update locate database
do shell script "/usr/libexec/locate.updatedb" with administrator privileges


display dialog "Release Memory Finished" buttons {"OK"}

Growl版

-- for Growl
tell application "GrowlHelperApp"
-- Make a list of all the notification types
-- that this script will ever send:
set the allNotificationsList to ¬
{"Finished"}

-- Make a list of the notifications
-- that will be enabled by default.
-- Those not enabled by default can be enabled later
-- in the 'Applications' tab of the growl prefpane.
set the enabledNotificationsList to ¬
{"Finished"}

-- Register our script with growl.
-- You can optionally (as here) set a default icon
-- for this script's notifications.
register as application ¬
"Release Memory for Leopard" all notifications allNotificationsList ¬
default notifications enabledNotificationsList ¬
icon of application "Script Editor"
end tell

-- 1 Restart Finder
tell application "Finder"
quit
delay 1
activateFinder() of me
if exists Finder window 1 then
activate
set windowBounds to (bounds of Finder window 1)
set theFolder to target of Finder window 1
close Finder window 1
open theFolder
set bounds of Finder window 1 to windowBounds
end if


end tell
on activateFinder()
try
tell application "Finder" to activate
on error
activateFinder() of me
end try
end activateFinder

--2.Restart Dock
do shell script "killall Dock"

--3.Delete Dashboard cache
do shell script "rm -rf ~/Library/Caches/DashboardClient/*"

--4.Update locate database
do shell script "/usr/libexec/locate.updatedb" with administrator privileges


--dialog with Growl
tell application "GrowlHelperApp"
-- Send a Notification...
notify with name ¬
"Finished" title ¬
"Finished" description ¬
"Locate Database Updated." application name "Release Memory for Leopard"

end tell
皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2008年6月30日 00:21に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガチャピンチャレンジがDSになった」です。

次のブログ記事は「読書メモ:ウケる技術」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ