Coreserverリニューアルに伴いWordPressが動かなくなった問題の対処メモ

2017年8月から、Coreserverがサーバのリニューアルを行なっていた。
リニューアルにおけるサーバーシステムの増強と移行について | お知らせ一覧 | レンタルサーバー CORESERVER(コアサーバー)

メモリが増強されたり、ストレージがSSDのみになったり、
転送量が無制限になったりと、リニューアル自体はいいことだ。
しかしMySQLが5.1→5.7、PHPが5.3→7.1へと変更になったため、
運用しているWordPressのサイトに、以下のような問題が発生してしまった。

問題1. サイトの本文のみが表示されない(ヘッダーやサイドバーは表示される)
問題2. メディア管理画面を開くと500 Internal Server Error発生
問題3. ファイルのアップロードができない(ログイン画面に飛ばされる)

うわー困った。
ということで色々試行錯誤した結果、
紆余曲折を経て勝利にたどり着いたという汗と涙の記録、
は読んでも特におもしろくないと思うので、
うまくいった点だけを書いておこうと思う。

以下の情報がとても参考になった。感謝。
CORESERVERの大規模リニューアルでWordPressが詰んだ

対応1 .htaccessの編集

500エラーから半日以上復帰しなくなったので、
サポートに問い合わせたら、以下のことを教えてもらった。

ご連絡いただきました件につきまして、
/~~~~~/.htaccess 内の
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .phpの記述を
コメントアウトまたは削除して無効化した後に
動作のご確認を行っていただきますようお願いいたします。

早速 .htaccessを確認してみたら、確かにその記述があったので、
全部削除した。コメントアウトでもいいと思う。

直後は500エラーのままだったが、
数時間したらサイトの表示が復帰した。

これで、問題の8割は解決したような気がする。

対策2 プラグインやテーマのPHP7対応確認

調べた途中で、「PHP7に対応していないプラグインが
悪さをしている」という記事も複数読んだので、
各プラグインのPHP7対応状況を調べたいと思った。
しかし、プラグインを一つ一つ外してチェックするのは
とってもめんどくさい。

と思っていたら、
PHP Compatibility Checker」というステキなプラグインがあるそうだ。
WordPress プラグインのPHP7互換性チェック - Xakuro System

早速インストールして、PHP7とのチェックしたところ、
「EZ zenback」がError1つ、
「Broken Link Checker」がWarning1つ、
「WordPress Database Backup」がWarning5つ、
他はOKという結果だった。

「EZ zenback」は特に使っていないようだったので、削除。
ついでに、特に必要なさそうなプラグインを整理した。

私のケースでは、以上の対応で、サイトは通常通り表示され、
WordPressの管理画面も、これまで通り使えるようになった。
めでたしめでたし!


当たりだけ書けば単純な話だが、結構時間がかかってしまった。
当初はMySQLのバージョンアップを疑って、
いろいろいじっていたのだが、結果的にはハズレ。
やれやれ...

まぁ、問題が片付いてみれば、サイトの表示は早くなったし、
最悪のケースであるテーマ変更はやらずに済んだ。
その点はよかったと言えよう(プラス思考)。

現場からは以上です。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2018年1月12日 21:56に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Firefox Quantumでも使えるMakeLink代替機能拡張Formatlink」です。

次のブログ記事は「さくらインターネットやバリュードメインでサイトをSSL化するときの罠と対処法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ