iPhoneでモバイルデータ通信が勝手に浪費される原因と対策:犯人は「書類と同期」

症状:モバイルデータ通信が異常に消費される(一日500MB以上)
期間:2020年7月〜8月(だんだん消費が激しくなっている)

現状のiPhoneのデータプランは、OCNモバイルONEの6GB/月プラン。
2020年6月までは、6GB使い切ることなんてほとんどなかったのに、
7月、8月は月の途中で超えてしまった

mobile-data-waste03.png
6月は正常

mobile-data-waste04.png mobile-data-waste17.png

7、8月は6GBを超えてしまった
7月から高い段差が発生し始めていて、1日で500MB以上も消費している日も見られる。
8月はもっとひどくなり、1日で1GB近く消費してしまう日もあり、発生頻度も高くなった

mobile-data-waste18.png mobile-data-waste19.png

9月に入って順調だったので、やったか!?と思ったら、
9月末から10月に入っても、また一日400MBを超える日が
現れるようになってしまった。
それでも、9月に続き、10月も6GBには収まる見込み

数ヶ月にわたって、色々と試行錯誤してきた結果、
完全ではないものの、ある程度抑えこむ方法はわかってきた

同じ症状に悩まされている人のために、
これまでにわかったことを書いておくのは意味があると思うので、
書いておくことにする。

犯人は「書類と同期」

犯人はすぐにわかった。
特定のため、
「設定」→「モバイル通信」の一番下の「統計情報をリセット」して、
しばらくWiFiを切ってモバイル通信で過ごしてみたところ、
数十分で「システムサービス」内の「書類と同期」が200MB以上消費したのだ。

mobile-data-waste01.png

他のアプリは5MBも使っていないというのに。明らかに異常
いきなりだが、犯人はお前だ!犯沢!

「書類と同期」ってなんだ

どうやら、iCloud上にあるデータの同期に利用しているデータ通信であるらしい。
困ったことに、この項目一つにまとめられてしまっているので、
どのアプリがデータ通信量を浪費しているのかがわからない

「iCloudをオフにする」のが根本的な対策なのだろうが、
それはそれで不便で困ってしまう。

対策は?

日本語のサイト、英語のサイトまで色々調べてみたのだが、
上にも書いた通り完全には抑えきれていない。
が、ある程度効果があった対策も見つかったので、書いておく。
効果がなかった対策も、合わせて書いておく。

対策1:iCloudをログアウトしてからiPhone再起動、iCloudログインし直す

日本語での情報はほぼやり尽くしても症状が収まらなかったので、
英語に検索範囲を広げたところ、以下のような情報が見つかった。
AppleのSenior Engineerがやってくれた手段だそうだ。期待が持てる。

Ultimately what fixed it was logging out of iCloud, doing a hard reset of the phone while logged out, then logging back in to iCloud.

Documents & Sync High Data Use Despit... - Apple Community

hard reset は再起動のことだから、以下の手順を踏むということ。

  1. iCloudからログアウトする
  2. iPhoneを再起動する
  3. iCloudにログインし直す

これだけだとまた症状が出てしまったので、すかさず次の対策も行う。

対策2:iCloudを、必要なもの以外片っ端からオフにする

これはないと不便、というもの以外、全部オフにしてやった。

mobile-data-waste20.png mobile-data-waste21.png

これは私の例で、何が必要かは人によって違うと思うので、
適宜カスタマイズしてほしい。

結果として、対策1と組み合わせることでかなりデータ消費量が減った
ここ数日、なんと「書類と同期」のが1MB以下という日が続いている

10月にiOS14へのアップデートなども入っているので、
その影響もあるのかもしれない。
ともあれ、症状が抑えられているのは間違いない。

またデータ浪費の症状が出てしまったら、対策1と2を行う
すると、またしばらく抑えられる。

根本的な対策ではないが、かなり改善したので、
データ使用量の制限にはかからずに暮らせそうだ。


まとめ

2020年7月から始まった、
iPhoneのモバイルデータ通信の1日数百MBレベルでの浪費
は、

対策1:iCloudをログアウトしてからiPhone再起動、iCloudログインし直す
対策2:iCloudを、必要なもの以外片っ端からオフにする

以上の2つの対策で、モバイルデータ通信の浪費はかなり収まった

おそらく、iCloud内に残っているデータを、
「書類と同期」が勝手にモバイル通信を使って、浪費していたのだろう。
「書類と同期」のモバイルデータ通信をオフにさせてほしい。


最後に、効果がなかった対策も書いておく。

参考:効かなかった対策

ググったら以下のように色々と対策が見つかったが、
私のiPhoneではいずれも既に設定されていたので、
今回の私の症状に対してはハズレだった。

  1. 「iCloudにメッセージを保管」をオフにする
  2. 「iCloud Drive」をオフにする
  3. 「写真」のモバイルデータ通信を切る
  4. 「ファイル」のモバイルデータ通信を切る

1. 「iCloudにメッセージを保管」をオフにする

やり方:「設定」→「自分のユーザ名」→「iCloud」→「メッセージ」をオフ

mobile-data-waste06.png

メッセージをすべて iCloud に保管する - Apple サポート

→もうやってあった。ハズレ

2. 「iCloud Drive」をオフにする

20GBはどこ行った?不自然に増えたデータ通信量の原因はiCloud Driveの設定かも? - isuta[イスタ] - おしゃれ、かわいい、しあわせ -

やり方:「設定」→「モバイルデータ通信」→「iCloud Drive」をオフ

mobile-data-waste02.png

→もうやってあった。ハズレ。
ついでに上の「WiFiアシスト」も、既に切ってあった。

3. 「写真」のモバイルデータ通信を切る

やり方:「設定」→「写真」→「モバイルデータ通信」をオフ

mobile-data-waste07.png

→もうやってあった。ハズレ

4. 「ファイル」のモバイルデータ通信を切る

結論から言うと、以下をヒントに行ったこの方法で、浪費がかなり収まった。
書類と同期にのデータ通信量について - Apple コミュニティ

やり方:「設定」→「モバイル通信」→「ファイル」をオフ

mobile-data-waste08.png
項目がたくさんあって、かなり下の方にある。

私は「ファイル」アプリは使っていないので、
実用上も特に問題なし。
クラウドストレージはDropboxとOneDriveでOK。

一時行けたか!と思ったのだが、
「書類と同期」の暴走は完全には止まらなかった。

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2020年8月21日 16:28に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「web拍手にお答え 2020年1月〜6月」です。

次のブログ記事は「将棋タイムという便利なJavaScriptの将棋棋譜再生プレイヤーのテストと表示のコツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ