玄人志向の2.5インチ×2が入るHDDケースをMacでRAID組んで使う

手元に2.5インチHDDが2つ余っていたので、
RAIDを組んで活用してみようかと思った。

ちょっと調べて、良さそうに思ったのがコレ。
玄人志向 | GW2.5ACX2-U3.1AC:USB3.1接続 2.5型 SATA HDD/SSD x2 ケース(ブラック)

2.5インチなので、2本挿しても
普通の3.5インチの外付けHDDよりもコンパクト。

しかし、届いてから対応OSが「Windows 10 / 8.1 / 8 / 7」とあるのを見て、
え?Macで使おうと思ったのに対応してないの!?と焦ったが、
結果としては、問題なく使えた。
ちなみにOSのバージョンは MacOS 10.5(Catalina)。

メーカーの製品紹介ページにあるように、
動作モードは4つ。
SINGLE(2つ別々のディスクとして認識)、
RAID0(1つのディスクとして認識、高速書き込み)、
RAID1(1つのディスクとして認識、ミラーリング)、
JBOD(1つの大きなディスクとして認識)。

今回は、iTunesのメディアフォルダを
ここに移そうとして考えているので、
壊れると困るのでRAID1のミラーリングにする。

箱の背面か側面(忘れた)の、
後ろの4本のネジ開けないと操作できないところに、
動作モードを設定するスイッチがあるので、
とりあえずRAID1に設定(↑↓)した。

ACアダプタを挿さずにUSBに繋いだら、
1台だけ認識したが、2台目から変な音がしたので、
いい子のみんなはマネしちゃダメだ。
ACアダプタを挿したら、2台とも認識した。

以下のサイトの手順を参考に、
「ディスクユーティリティ」アプリでソフトウェアRAIDを設定。
ディスクユーティリティでソフトウェアRaidを構築:MacOS編 | goozenlab

ディスクユーティリティを起動し、
「ファイル」→「RAIDアシスタント」を選択
mac-ext-hdd-soft-raid01.png

今回はRAID1にしてみる。
mac-ext-hdd-soft-raid02.png

右の「役割」は「RAIDスライス」と「スペア」が選べたが、
参考サイトが「RAIDスライス」だったので倣った。
mac-ext-hdd-soft-raid03.png

ディスクが2つとも500GBだと思っていたら、1つは750GBだった。
RAID1だと、ディスクは小さい方の容量、つまり500GBとして認識されなる。
片方は750GBであるのはムダで、もったいないですね。
よい子のみんなは、同じ容量のディスクを使いましょう。

名前を適当につける。他はデフォルトのまま。
mac-ext-hdd-soft-raid04.png

そりゃ作成しますよ。
mac-ext-hdd-soft-raid05.png

数分も待たずに完了した。
mac-ext-hdd-soft-raid06.png

ちゃんとできてるっぽい。
mac-ext-hdd-soft-raid07.png


まとめ

玄人志向 | GW2.5ACX2-U3.1ACを、
対応OSに書かれていないMac(10.15)に繋いで、
ソフトウェアRAID1を組んで使う
ことができた。

このディスクは、iTunesのメディアが入っているフォルダを
移して使うことにした。
USB3.0だけど、200GBくらいで2時間くらいかかった。
遅い?こんなもん?

ちなみに、OS 10.15(Catalina)からiTunesさんが引退して、
機能がいくつかのアプリに分かれて引き継がれた。
いろいろ試してみたが、これまでのようにライブラリを
外付けHDDに移すことができなそうだった。

そちらについても、解決できたら書く。

おしまい。

(追記)書きました。
Catalinaで外付けHDDのiTunesライブラリを読み込めない現象とその対処法 - うむらうす

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2020年4月25日 18:33に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【Mac】BetterTouchToolでもMagnetとかBetterSnapToolのようなウインドウのサイズ変更ができる」です。

次のブログ記事は「Catalinaで外付けHDDのiTunesライブラリを読み込めない現象とその対処法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ