真説・李筴振(りばしぶる)

今日は、私が先日お散歩していたときに、
突然雷に打たれたかのように、私の脳裏にはっきりと浮かび上がった、
真実への気付きについてお話ししたいと思います。


皆さんよくご存知の通り、李筴振(りばしぶる)とは、
魁!!男塾に登場する「凶獬面閶殺(きょうかいめんしょうさつ)」という
すごく強そうな名前の技の解説に登場する、中国の武将です。

李筴振(りばしぶる)

出典は太公望書林刊「シルクロードの彼方」であり、
みんな大好き民明書房ではないところに注意が必要です。

さて、ここからが本題です。

上の画像の解説を、今一度注意深く読んで頂きたいのです。
何か違和感を感じる部分がないでしょうか・・・

「己の甲冑すべてを表裏逆に着用し、
 後ろを向いていると錯覚させ」

そう、この部分です。
皆さまは既にお気付きのことかと思いますが、

これはリバーシブル(reversible)ではなく、
前後ろ(あるいは後ろ前、front side back)なのです。

李筴ったら、甲冑を前後逆に着てるだけで、
裏返してないんです。

reversibleについて辞書を調べてみると、
衣服については裏表両方着られるという意味で、
前後ろ(後ろ前)は front-to-back とか back-to-front とか
front side back とか
そんな感じっぽいです。

やはり、出典は民明書房でないと、信頼性に欠けますね。
民明書房 (みんめいしょぼう)とは【ピクシブ百科事典】

ちなみにこの勘違いは、現代英語にまで影響を与えています。

ちなみに この噂は シルクロードを通じてに西欧まで
伝わり 現代英語で表裏自在を意味する
『リバーシブル』は 李筴振の名が語源である 太公望書林刊『シルクロードの彼方』より

本来「李筴振」は「前後逆」「前後ろ」という意味であるべきだったのですが、
英語には「表裏自在」と誤った意味で定着しまったようなのです。
豆腐と納豆みたいに、もう定着しちゃったしこれでいいじゃん、的な?

ちなみに、私の中では「りばし ぶる」なので「李筴」って書いてきましたが、
どうやら「り ばしぶる」っぽいですね。
「李筴」だと、「山田太」みたいな切り方になってしまうようです。

ま、いっか。

自分の間違いには寛容な弊サイトを、今後ともよろしくお願い致します。

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2021年12月 8日 10:18に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iOS(iPhone)のショートカットでURLをテキスト結合させるときのコツ」です。

次のブログ記事は「AppHtmlのブックマークレットが動かなくなっていたので作り直した」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ