「わからない略語ランキング」に挑戦

わからない最近の略語ランキング - goo ランキング

ということで早速行ってみよう!



1位 わめぞ

これは簡単。明らかに「わかめ雑炊」の略。 ミネラルをたっぷり含んで、病気の時にも強い味方。決してコスト削減の結果ではないことに注意。


2位 スピコン

これも簡単。スピンコントローラー(回転制御器)。
あるいはスピリッツコントリビューション(魂貢献)。
あるいはスピッツコンチクショウ(スピッツこの野郎)!
これだけ保険をかけておけばどれか当たるだろう。


3位 ビク愛

これもまだ簡単。「ビクッとするほど愛してる」。 口説き文句は「君を見た瞬間、まるで突然落ちる夢を見た様だったよ」。 あるいは「ビクトリー・愛(リングネーム)」の略称。


4 シブカサ
これは知ってる。「しぶといかさぶた」。 治りきる前に取っちゃうから、また新しいかさぶたができるということ。 がまんして取らなければいいんだけどね。


5 痛ンブラー

これはアレね。「痛いアンブレラー」の略だから、つまり「痛傘」のこと。
つまり、先っぽがアイスピックよりも尖っていて、ささると激痛。 あるいは布地にカミソリが仕込んであって、人とすれ違うときとか、自分で傘を開くときとか、一瞬一瞬が真剣勝負。

6 ランスカ

これも簡単。 最後の「カ」「力(ちから)」とかかっていて、つまるところ「ランス力(らんすりょく)」の意味。 ランスといえばもちろん、打率2割3分代でホームラン王を取った元広島カープのランス。つまり「のるかそるか」度を表す。

7 クチャラー

これも簡単。「クチャる」人だから「クチャラー」。 となると問題は「クチャる」の意味となるが、見るからに「クチャクチャする」=「長く噛み続ける」の省略形。ここから転じて、「話が長い」「ネチネチしている」「しつこい」の意味。 従って、「クチャラー」は「話が長い人」「ネチネチしている人」「しつこい人」ということ。


8 ホモ弁

これはもう説明するまでもない。ホモはヘテロの対義語で「同じ」という意味だから、  「炭水化物+炭水化物」あるいは「おかず+おかず」の組み合わせのお弁当のこと。 例えば「白米+スパゲティ」「白米とお好み焼き」「ハンバーグ+麻婆豆腐」などが代表例としてあげられる。 決して「ウホッ、食べないか?」ではない。


9 TGC

これは「Totally Gomen Cha-n(トータリー・ゴメン・チャーン)」の1文字目を繋げたものであり、謝る気があるんだかないんだかわからない、ムカつく態度を表す。
例:「あいつほんっといつもTGCだな!!」


10 ミリメシ

これも基本。ご飯は、小さいサイズから「ナノメシ」「マイクロメシ」「ミリメシ」「センチメシ」「メートルメシ」「キロメシ」なので、「ミリメシ」だと「ちょっと小さめのご飯」となる。


ということで、正解の一覧。

  1. わめぞ
  2. すぴこん
  3. ビク愛
  4. シブカサ
  5. 痛ンブラー
  6. ランスカ
  7. クチャラー
  8. ホモ弁
  9. TGC
  10. ミリメシ

・・・ま。そういうことで。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2008年12月25日 23:52に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハナメガネーカーで遊んでみた その2」です。

次のブログ記事は「わかめと昆布」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ