Snow Leopardで1Password 2を動かす

Safariにはキーチェーンによる自動入力が付いているのだが、よくぶっ壊れる。
Keychain First Aidで治せるのだが、治らないときもある。
keychainfirstaid1.png

ので、私は1Passwordを使っている。
そこへ「Snow Leopardには1Password 2は対応しませんよ」とのお触れにがく然。
だって、Snow Leopardが3000円そこそこなのに、
1Passwordのアップグレードでまた19$って悔しいじゃない。

と思っていたのだが、どうやら簡単にできるようになったっぽい。
Update: 1Password on Snow Leopard - Switchers' Blog

要は、ver 2.9.29以上にアップデートすれば、
Safariを32bitで動かすだけでOK、ということらしい。

早速喜び勇んでダウンロード。
http://agile.ws/products/1Password/versions

解凍し、アプリケーションフォルダにコピーし置き換え。
した直後に、「コピーするときはブラウザ閉じろよ」というお触れに気づく。 1password1.png ↑これは気づかない。

「うまくいかなかったらトラシューガイド読め」
とのことなので、読んだ。
Safari missing 1P icon - Agile Web Solutions Support Forums

2009 8/6の投稿がズバリ。

5. Reinstall the InputManager

私の場合、上の項目を試したら治った。やったー!
1password2.png

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2009年9月18日 00:06に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「広がるコレジャナイワールド」です。

次のブログ記事は「蛍光灯の謎」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ