追悼企画:丘乗夫(仮名)2

第1回の続き


岡:あと、これは自分で丘に行くようになってから気付いたんですけど、 丘って広いんですよね。 海の方が圧倒的に広いような印象がありますけど、海岸線はあくまで線なんです。 ところが丘は線じゃない。面、つまり一次元ではなくて二次元なんですね。 この自由度が丘の魅力でもあり、難しいところでもありますね。

-一次元と二次元。高さも入れると三次元。

岡:高さは・・・。 まぁ、ですから、水サーフィンと丘サーフィンとで、 見かけは似ていても中身が全然違う。 で、ノリの丘についてのそんな話を聞いていると、 おもしろくてどんどん興味が湧いてきました。

-その後の丘さんとの付き合いは。

岡:その後しばらく間が空くんです。 ただ、ノリの方はその頃から世間に出始めていたので、彼の動きは耳に入ってきていました。 丘サーファーとして活動する一方で、ノリがフィールドを丘→山→活火山へと広げて行ったのはご存知の通りです。 彼自身、マグマのような熱さを持った男でしたから、 火山と聞いてもあまり違和感は感じなかったですね。 「ああ、なるほど」という感じ。 とは言え、「キラウエアの溶岩焼き」のときは、 コイツは本物(のバカ)だと思いましたけどね(笑)

-マグマに乗ろうとしてキラウエア火山を訪れ、全身にひどい火傷を負ってしまった。 「キラウエアの溶岩焼き事件」は、丘サーファーにとって伝説ですね。

岡:僕が丘サーファーに本腰を入れ出したのも、あれがきっかけでしたから。 ちなみにノリは、ネットサーフィンも少しトライしていたらしいのですが、 体を動かさないものはダメだったみたいで、すぐやめてしまったみたいです。 携帯電話も持たなかったですし、そっち系は苦手だったようですね。

-さすがの丘さんも、情報化の波には乗り損ねた(笑)

岡:はい(笑)体育会系なんですね。 そんな感じで、僕も丘に入り始めました。5年前くらいですね。 僕もノリに追いつきたい一心で頑張ったのですが、 ちょっと近づいたかと思うと、ノリはものすごいスピードで別の方へ突き進んでいる。 おととし頃ですかね、ノリが熱心にビデオを見ているので何かなと思ったら、 プロ野球なんです。 他のスポーツからヒントを得ようとしているのかと思ったら、 どうも野球は見ていない。観客席ばっかり見てるんです。

-もしかして・・・

岡:そうなんです。応援席のウェーブを、何回も巻き戻しながら一生懸命見てる。 コイツは一体どこに行きたいんだろう?と思いましたね。

-人の波も乗りこなす。

岡:悔しいですが、そうですね。 ノリにとっては、波なら何でも良かったんじゃないですかね。 まず「海」という枠を壊し、「丘」へ。 その「丘」という枠も自ら壊し、「山」へ。 そしてちょっと横へそれてマグマへ(笑)。 更には、「人」へ。

-まさに変幻自在。

岡:ノリと言えば丘ばかりが注目されますが、それだけじゃないんです。 最近は、「縦波に乗りたい」と言ってましたね。 縦波って、音とか地震波とかでしょう? 僕はもう、コイツには一生かなわないなと感じ始めていましたね。

-そんな矢先の出来事でした。

岡:はい。僕も最初に聞いたときは、信じられませんでした。


第3回

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2007年7月18日 23:02に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「追悼企画:丘乗夫(仮名)1」です。

次のブログ記事は「AppFreshを導入してみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ