追悼企画:丘乗夫(仮名)1

「Land Surfing」2007年7月号特別企画「茶色い巨星、墜つ」

注)本記事は丘サーファー の続編です。 未読の方はそちらから先にどうぞ。

*****

-本日は、日本、いや世界を代表する丘サーファーの第一人者でありました、 丘乗夫(おかのりお)さん(仮名)の追悼企画としまして、 2007年丘サーフィン日本選手権準優勝の岡田高乗(おかだたかのり)さんにお話を伺いたいと思います。岡田さん、僕はあのニュースを岡田さんからの電話で知ったのですが、あのときの衝撃を今でも忘れられません。

岡田(以下岡):あのときは、ブエノスアイレスの丘からの衛星電話でしたので、まだ早朝だったと思います。僕も動転していまして、失礼しました。

-いいえ。岡田さんは、生前の丘さんとはプライベートでも親交が深かったそうですが、まず丘さんとの関係について簡単にご紹介頂ければと思います。

岡:はい。僕が初めてノリ、丘君のことはこう呼んでいたのですが、 ノリと会ったのは、もうかれこれ10年以上前のことでした。 サーファーらしく真っ黒に日焼けしていて、それでいてやけに歯が白くて。あと、眼。とにかくギラギラしてましたね。 当時彼は中学生だったと思うのですが、僕の周りにはあんな中学生いませんでしたから、さぞかし学校では周りから浮いていただろうと思います。

-その頃から岡田さんは丘サーファーだったのですか?

岡:いえ。ちなみに僕はその頃は水サーファーだったんで、 てっきりノリも普通の水サーファーだと思ったんです。

-水サーファー。

岡:はい。僕らにとってサーフィンと言えば丘なんで、区別する意味でそう言ってます。

-岡田さんは、初めから丘サーファーではなかった。

岡:はい。最初の3年は水でしたね。というか、それが普通でしょう?(笑) でも、その後ノリは水にではなく丘から入ったと聞き、 これは初めからモノが違うなと思いましたね。

-当時から岡田さんは、丘さんを知っていたのですか?

岡:いえ、全く。共通の知人に紹介してもらったんです。 彼も水サーファーだったのですが、 「すごいサーファーがいるから、とにかく会ってみろ」と。 その頃は丘サーファーなんて言葉知らなかったものですから、 てっきり普通の水サーファーだと思ったわけです。

-ところが何かが違う。

岡:ええ。当然話題はサーフィンなんですけど、どうも話が噛み合わない。 例えば車の話とかしても、不思議な顔をしてる。中学生ですからね。 お父さんに送り迎えしてもらっていたようです。 むしろ困るのは砂ぼこりだと。常識が違うんです。 あとは、ノリ、汗くさいんですよ。

-丘さん、お風呂が嫌いなタイプだったのですか?

岡:それもあるんですが、

-あるんですか(笑)

岡:あるんですが(笑)、丘だとやはりシャワーってないんですよ。 大きい丘を攻めようとすると、余計にそんなものない。 だから、さんざん丘を攻めて砂まみれになって汗かくと、 汚れるし、しかも乾くと臭ってくる。 もう車の中なんて、運動部の部室みたいなんです(笑)

-あまり若い女性には人気が出なさそうですね。

岡:その通りですね。 丘にいる女性と言えば、年配のご夫婦の方が多いですね。 よく「大変そうだけどがんばってね」と声をかけてもらったりします。 やはりそういったファンの方の声が励みになりますよね。

-別にファンではないのでは・・・


第2回へ続く

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2007年7月16日 19:23に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人気エントリー更新」です。

次のブログ記事は「追悼企画:丘乗夫(仮名)2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ