追悼企画:丘乗夫(仮名)3

第2回の続き


-行方不明になったと騒がれたのが、今年の初めでした。最後に丘さんと会ったのは。

岡:年末の忘年会ですね。毎年、僕ら丘メンツで丘忘年会してるんですよ。 丘忘年会で丘乾杯して丘飲みするんです(ときどき丘リバース)。 そしてクライマックスにさしかかると、日頃の感謝の気持ちを込めて、 丘にお酒をまくんです。 丘もね、おいしい、おいしいって、まさに砂にしみ込むように飲むんですよ。

-しみ込むように、ではなくてまさにしみ込んでいるのですよね。

岡:ノリはね、毎年ドンペリ持って来るんです。 それで、よりによって飲まずに丘にまくんですよ。

-ええ?ドンペリを?なんともったいない!

岡:でしょう?僕らも、まく前に飲ませろよ!といつも言うんですけど、 ノリはまるで僕らが残念がるのがうれしいかのように、 満面の笑みを浮かべながらまくんですよね。

-丘さんの人柄がうかがえるエピソードですね。

岡:去年も、そんなもったいないこと今年で最後にして、次はオレ等に飲ませろよ! と言ってたのですが、まさか本当に最後になってしまうとは・・・

-ドンペリを飲ませるのがイヤで亡くなったわけではないですから、気を落とさずに・・・。 そして2月に入って、衝撃のニュースが。

岡:今度こそショックでした。ノリ、もてそうでしょう? 実際モテるんですけどね。それも老若男女を問わず。 いや、生きとし生けるもの全ての存在が、ノリを好きになってしまうんですよ。

-さすがに言い過ぎでは。

岡:丘へ行っても、ノリだけよく虫にたかられるんですよ。 ノリが歩くと、蚊柱も揺れ動く。砂なんだか虫なんだかよくわからないですね。 いつだったかは、ノリの荷物の中でカマキリが孵化しましてね。 なぜカマキリの卵が入っていたのかも不思議ですが、 なにはともあれ大変な騒ぎでした。

-全般的に、別に好かれているという風には・・・

岡:そんなノリですから、神様にもきっと好かれているんだと。 溶岩のときだって、神様がノリを助けてくれてるんだと。 だからきっと、何かに乗っているときのノリは不死身なんだと、そんな風に思ってました。 しかし、最後は人に乗ったまま天国へ旅立ちました。 いや、天国へ行きながら、天国へ行ったのか・・・

-誰がうまいこと以下略。しかし、人というか女性というか・・・

岡:いや、人に乗っていたんです。 最後までうまく乗ることを考えていたんです、アイツは。そういう男です。 そう。絶対。

-しかし、丘サーフィン界への影響も小さくない。

岡:ノリをよく知ってる僕なんかであれば、最期まで彼らしいな、と笑っていられますが、 丘サーフィン界のカリスマとしてのノリの最期として考えると・・・。 昨今の丘サーフィンの盛り上がりを考えると、確かに決して影響は小さくないです。

-笑ってばかりもいられない。

岡:はい。立場上、コメントを求められることもあるのですが、 どうコメントすればいいのか、やはり最初はとても困りました。 最近は、もう開き直るしかないと思ってますけど。

-そんな丘サーフィン界、岡田さんは「ネクスト丘」の呼び声も高いですが。

岡:ネクストはちょっと(苦笑)。 ネクストネクストネクストぐらいを目指してがんばります(笑)。

-最後にファンの方々に一言メッセージを。

岡:丘には、ノリ以外にもスゴい奴がいっぱいいます。 今なら、そんなスゴい奴らと一緒になって、丘を盛り上げることができます。 丘は僕ら自身をも大きく成長させてくれます。 あ、そういう意味じゃないですよ?

-途中まで良かったので最後で台なしです。 今日は長い間ありがとうございました。

岡:ありがとうございました。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2007年7月30日 23:33に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MacPeopleに掲載していただいた」です。

次のブログ記事は「真説:いわずもがな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ