読書メモ:脳が教える! 1つの習慣

脳が教える! 1つの習慣
脳が教える! 1つの習慣
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 1,365
  • 発売日: 2008/07/05

★★★★★

 目標を達成したい。何かを成し遂げたい。そのときに効果を発揮する「1つの習慣」が、「小さなことから始める」ということだ。

 なぜだろう?脳は、大きな変化を恐れるようにできている。大きな変化を必要とする大きな目標を立ててると、脳は難しく感じて抵抗する「ようにできている」のだ。しかし「ダイエットする」という大きな目標を、「珈琲に入れる砂糖の最初の一杯を少なくする」というような小さな目標から始めれば、楽に一歩目が踏み出せる。

 この「一歩踏み出す」ことが大事なのだ。一歩出てしまえば、二歩目を出すのは一歩目よりもずっと簡単。そして三歩、四歩と続けていくのも、難しいことではないのは誰しも経験があることだろう。つまり、0歩目から1歩目をいかに超えるかが肝心なので、そのためには1歩目を小さくすることが非常に有効なのだ。

 他にも
「自分に小さな質問をする」
「脳はイメージと行動を区別できない」
「小さな行動を起こす」
「小さなごほうびを与える」
 など、おもしろい内容が続く。

 「目標の最初の一歩は小さく」と覚えておくだけで、自分をコントロールする上でもとても実用的。「小さなことからコツコツと」は脳科学的にも正しいことだったのだ。オススメの★5つ。

その他の書評などはこちら。
Socialtunes - haru

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2009年4月11日 22:50に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「読書メモ:ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略」です。

次のブログ記事は「読書メモ:考具—考えるための道具、持っていますか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ