2001年3月アーカイブ

続・先行者

 16日に紹介した先行者だが、 続編があることが判明した。 まだ読んでない人はこちらから読むこと。

んでその続編がこれだ。 もう 大笑い
そしてこんなゲームまであるぞ!重いけど。

あーおもしれー。 ちなみにこの先行者って実在なんですね。 ネタかと思ってたっす。 しかもよく見ると日付が 2000年8月。 おそるべし!

んでこちらが香港の第3世代ロボット
これはこれでいい味でてる。 なんだか目が虚ろ です。

というわけでかなり笑わせてもらいました。
ネットはこういうのが潜んでるところが好きさ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

家電リサイクル

 家電リサイクル法が4月から始まるに当たって、 家電の粗大ごみが急増している。
皆さんご存知だと思うが、家電リサイクル法では廃棄する際に「消費者が」 処理料金を負担しなくてはならないからだ。 料金は以下の通り。

  • 洗濯機・・・2400円
  • テレビ・・・2700円
  • エアコン・・3500円
  • 冷蔵庫・・・4600円

 ああそうですかと払うには抵抗がある値段だ。 不法投棄が増えであろう事は想像に難くない。 では、なぜ購入する時点で価格に含まないのだろう?

値段が高くなると売れなくなる?
いや、どうせ全ての商品が横並びでゲタを履けば相対的な価格の高低は変わらない。 でも他にこれといって思い浮かばないし、これなのかなぁ。

しかし意識の高い消費者を期待したところで破綻するわけで、 ベストな方法とは到底思えない。 どうなることやら。

経済産業省の 家電リサイクル法に関するページ

なぜにアラレちゃん?
あ、タロウが「みんなの力で地球環境を守るんだ」とか言ってる。なんと。

あ、ガッチャンに頼めば全部食べてくれるなぁ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

「一家言」

 以前からの謎が一つ解けた。

「一家言」
。 本では何回も読んだことがあって知っていたのだけど、どう読むのか知らなかったんですわ。 いちかげん?いちかごん?そんな風に辞書引いても出てなくて。 私の中では長年の謎だったわけです。

答えは 「いっかげん」でした。
どうやってわかったかというと、googleで「一家言」と漢字で入れて検索して。

さすがIT時代だぜー。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

 嘘共演開催中。お題は「涙」。
いろんなウソつきゃーがウソをついてる。

 私がこういう系統のものに目覚めたきっかけとしては、まず「空想科学読本」シリーズ。 ウルトラマンが実際に飛ぶとどうなるかとか、タケコプターが実在したらどうなるかとかを科学的に(主に物理)検証してるやつ。 特に「空想非科学読本」の知能指数の話には涙流して笑ったさ。
あれから知識をしょーもない方向に活用することの素晴らしさを学びました。

 次は数々のウソサイト。
「やゆよ記念財団」Dの嘘がおもしろくて。 多分私の笑のツボがそういう所にあるんだろうなー。

 自分が笑うのも楽しいけど、人を笑かすのも楽しいよね。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

先行者

その1。
もう既に有名になりつつあるが、 ロボット技術の最先端リンクのページに追加。 もっと広めてみよう。
ちなみにこのサイトはこのネタで一晩10000ヒットを達成したらしい。 おそるべし。

その2。
 数日前。
イオカードを前後逆に入れてしまった。
しまった!私は無様に自動改札機で足止めされている自分の未来を脳裏に見た。
しかし。「パタッ」 フツーに扉は開き、通れた。
ナゼ???

そっか。イオカードって前後逆でも入れられるんだ。 じゃあ、あのいかにも「こっちが前ですよ」といった感じの→マークはなんだ?

予想。
おそらく前は前後逆では通れなかったのだろう。 それが自動改札機の進歩により逆でも通れるようになったのだ。 なるほど〜、そういうことだったのか。
ってホントかどうか知らないけど。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

試練

 つらい日だった。

 まず学校で実験してたらいきなり建物の電気が真っ暗に。字が読めないくらいになる。 建物の工事をしているため窓の外に防音シートがかぶさっておりただでさえ暗いというのに。 ノートの字も見えないのだから、実験ももちろん中断。 そのまま1時間ほど暗いまま。

 電気もついてやれやれと思ったら今度はなにやら異臭が! なんだか漬物がくさったようなビミョーなにおいが鼻腔をくすぐる。 なにやらどこかの部屋で廃液を処理してたらしい。

 昼飯も食わずに朝っぱらから実験した報いがコレかいと思うと、 かなり泣きたくなりました。 でも男の子なので、もちろん泣きませんでした。
えらいぞオレ。

その他のこと。
ぐるぐる計算機を少しバージョンアップ。 アルカリの濃度を指定できるようにしてみたり。
毎日2〜30人程度の方に使ってもらってる。 よいよい。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

続・分別

昨日書いたことについて、意見をいただいた。
返信も含めて引用してしまおう。

>名古屋でどんな方策を使って住民にごみの分別をさせているのかは
>知りませんが、もし条例で制定していたら、ハルさんの言う「法律や
>社会制度」であり、規模が大きなことじゃないのかな、と。
>どんな方策か知りませんが、大規模に行っているという点では
>「環境問題に対する意識を持たない人をも巻き込む方法」では
>ないですか?

思いついたままの書きなぐりで、練って考えてないのでそう読めますねー(笑) ただ「規模」は施行される範囲の空間的な規模ではなく、 ある方法と違う方法をとった場合の影響の規模の違い、 ということです。

名古屋の分別は、ごみを8種類ぐらいに分別させるんですよ。 と思って今調べたら11種類でした。 可燃ごみ、紙製容器包装、不燃ごみ、プラスチック製容器包装、 紙パック、空きビン、空き缶、スプレー缶、ペットボトル、資源ごみ、 粗大ごみ。
普通は「燃える」「燃えない」だけだったものが。 今はウチの方でも「可燃」「不燃」 「リサイクル可能資源(新聞紙、びん、缶)」ですが。

で、住民はやってられないわけです。 特にまじめな人ほど「これでいいんだろうか」と悩んでしまう。 新聞には耐えられなくて引っ越した人の話が載ってました。 それは極端にしても、完全に機能するかどうかは非常に疑わしい。 他にも、ペットボトルのリサイクルは構造的にも赤字なんですが、 自治体にかかる負担が大きいんです。自治体にはなんの得もないのに 法律だからやらざるを得ない。

要するに、末端の人間に多くの労力を期待するという構造が 良くないんだということです。 こういう末端にしわ寄せが来る形よりも、製品を作る側がリサイクルを 意識したものにしたり、製造元がリサイクルに責任を持つようにしないと 結局破綻を来すのではないか、と。

混ざったものを分別するということはとても労力がかかる。 混ざる前の段階で手を打つべきだということです。 名古屋のは結局「住民の意識」に頼っているわけでしょう。 別の方策をとればもっと大きい影響を持たせることができるのではないのでしょうか。

そんな話でした。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

意識の問題?

1・掲示板のCGIをいじって文字コードを正しく指定するようにした。 ほとんどの人にわからない更新・・・
全てのサイトに文字コードはちゃんと指定して欲しい。 あとx-sjisという文字コードは存在しない。 これまたホームページ作ってない人にはわからない話ですな。

2・環境問題について、「社会的な大きな動きを起こすには時間がかかるが 個人で考え方を改めて行動するのは今すぐにでもできる。 従って環境問題の解決策として大事なのは個々人の意識の持ち方である」 という話を聞いた。
うなずいている人もいたようだが、私には全く賛成できない。

 まず、「ごみの分別に気をつける」「買い物の時にはビニール袋をもらわない」 「クーラーは消費電力の少ないものを買う」などと日々の生活を改められるのは、 金銭的にも精神的にもある程度余裕のある人である。 しかし環境問題でこれから問題になるのはアジアなどであり、 当然ごみの分別よりも明日の飯の方が興味がある。 そんな人たちに「意識を改めろ」と言ったところで効果がないのは言うまでもない。

 次に環境問題に関心があり環境負荷を考えた生活を送る人がいるとしても、それは一体人口の何%なのだろうか。 おそらくそういった啓蒙ではそれほど効果は上げられまい(無論ゼロではないだろうが)。 また、そういった啓蒙をしつつ訳のわからないことをしている東京電力はもっと嫌いだ。

 従って、大きな影響をもつのはやはり、技術革新であり法律や社会制度である。 環境問題に対する意識を持たない人をも巻き込む方法をとることが大事なのである。 (だから私は、住民に徹底したごみ分別を強いる名古屋の方策は反対である)

私は何も、個人で環境問題に意識的な生活を送る姿勢が悪いと言っているのではない。 それはそれでむしろ素晴らしいことだと思う。 ただ今ここで私が問題にしているのは、効果の規模の問題なのだということなのです。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

だるー

 風邪気味。

 石鹸と合成洗剤を少し手直し。
少し前から意見が変わって来ていたので。

 早く寝よ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ほめる法則

 「人は自分が関心がある事柄について秀でている人をよくほめる。」
という法則を発見した。
例えば外見やスタイルに興味がある人は、スタイルがいい人を見るとよくほめるし、 頭の良さを重視する人は賢い人を見るとほめるだろうということだ。
なんとなく思い当たる節ありません?

 というわけで、人の話を聞いているとその人がどんなことを重視しているかがわかったり、 逆に自分が何に関心があるかを悟られてしまったりするというわけだ。
いやー、こわいですね。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2001年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2001年2月です。

次のアーカイブは2001年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ