iPhone/iPod touch/iPadで、よく使う定型文を超速で入力する3つの方法

3つ紹介してみます。
1 → 3の順で、導入コスト(手間も含め)が上がります。

1 単語登録する

「設定」「一般」「キーボード」「ユーザ辞書」
に入り、右上の「+」を押す。

2 「定型文」を使う

定型文 - 簡単作成&コピー 1.4.1(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, ライフスタイル
販売元: Shamrock Records, Inc. - Shamrock Records, Inc.(サイズ: 1.4 MB)

teikeibun1.PNG

無料。
ただ、いちいちアプリを切り替えないといけないし、
ちょっと手間かも。でも無料。

3 「TextEpander」を使う

TextExpander 2.3.1(¥500)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: SmileOnMyMac, LLC - SmileOnMyMac, LLC(サイズ: 3.6 MB)

ということで、ここではTextExpanderについて、厚めに紹介します。

TextExpanderは有料(書いている現在¥450)なので、
導入をためらっていたのですが、
清水の舞台から飛び降りる覚悟でポチッとして、
使ってみたらかなり良い感じでした。

ということで、

  • 先週までの私のように、導入を迷っている人
  • 何ができるのか知らない人

へのヒントになれば、という感じです。

TextExpanderの良いところ

改行を含んだ文字列を呼び出せる

これが、単純な単語登録ではできません。

呼び出したあとのカーソル位置を変更できる

「」を呼び出した後のカーソルを、
の間に置けるので、
そのまま「」の間に文字が書けるのです。

iPadやiPhone/iPod touchの大きな弱点の一つはカーソルの移動
なので、地味に便利です。

iOS間でデータを同期できる

「Setting」から、
「Snippets Sharing」 → 「Share Snippets」
をONにして、
「Synchronization」 → 「Use Dropbox」
をONにすると、iPadやiPhone/iPod touchで、
さっくりと同期できました!

textexpander1.PNG

↑「Local Network Saring」→「Share Groups」は関係ないかも

私もこれまで
「辞書の単語登録は、改行を入れられないし...
アプリでテンプレートを保存できるものはない?」
といった間違った探し方をしていました。

しかし考えてみれば、複数のアプリで文章を書くので、
こういう専門のアプリを使えばよかったのですね〜。

(例えばMacJournalはテンプレート機能があるのですが、
そのテンプレートはMacJournalでしか使えない)

私がよく使う、もの書きアプリたち、
DraftPad、DayOne、Simplenote、Nocsは、どれも対応していました!
(DraftPadは、「Enable TextExpander」というアシスト機能を使用、
Nocsは、「Setting」「Edit」「TextExpander」をONにするする必要あり)

ちなみに、Mac版のTextExpanderは ¥3,000と、かなり値が張ります。

無料でできることとしては「キーバインドの設定」という方法もあります。
キーバインド(KeyBindings)の設定でTextExpanderっぽいことができる

「っぽいこと」ができるだけで、完全に同じことはできませんが。

 

ということで、
HTMLのタグ改行を含む定型文をよく入力する私のような人には、
TextExpanderは結構いい感じですよ、という話でした。

しばらく使ってみて、また何か発見があったら書きます。

 

TextExpander 2.3.1(¥500)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: SmileOnMyMac, LLC - SmileOnMyMac, LLC(サイズ: 3.6 MB)

 


<参考>

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2013年5月31日 20:42に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Markdownで連続したblockquoteを分割して表示する方法」です。

次のブログ記事は「テーマ編集なしにWordPressにZenbackを導入する方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ