【OSX】日本語変換が遅くなったときにショートカット一発で解消する方法【El Capitan】

Mac OS X El Capitanから、
システム標準の日本語変換が賢くなったと評判だ。
新しく搭載された、リアルタイム変換が良い感じ。

しかし一方で、この日本語変換にも問題がある。

  1. 日本語入力が、ものすごく遅くなることがある
  2. 日本語の入力ができなくなることがある

「1. 」は、アクティビティモニタなどで「日本語入力プログラム」を
終了させることで復活する(勝手に再起動する)

「2. 」は、他のアプリに切り替えて、元のアプリに戻ると復活する。
これは、command⌘ + tab を 2回やれるのが速いと思う。

となると、問題は、1. の、
「日本語入力プログラム」の終了がめんどくさい
ということ。

  • アクティビティモニタを立ち上げる
  • 「日本語」と検索して「日本語入力プログラム」を探し当て選択する
  • 左上の×ボタンを押して、プログラムを終了させる

JapaneseIM1.png

これを簡単にすませたい!!

結論から言うと、

do shell script "killall JapaneseIM"

の一行だけ書いたApple Scriptのファイルに、
ショートカットキーを割り当てればOK。

使う人がいるかもしれないので、
この一行(とコメント行の二行)だけ書いた、
ファイルを添付しておく。
Quit_JapaneseIM.app.zip

zipファイルなので、ダブルクリックすると解凍されて、
Quit_JapaneseIM.app ファイルができるはず。

ショートカットキーの割り当ては、
BetterTouchToolを使ってもいいし、
AlfredでApple Scriptファイルを呼び出す形でもいいだろう。
ちなみに私は、 command⌘+option+J に割り当ててみた。


まとめ

なんか日本語変換もたつくなー、
と思ったらショートカット一発!
はい日本語入力プログラム再起動!

快適になった!万歳!!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2016年5月10日 22:01に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ケーブルテレビから簡単に高画質で録画する方法(TZ-DCH520→DMR-BRZ1010)」です。

次のブログ記事は「頭を洗った次の日にフケが出ておかしいと思い薬用シャンプーに変えたら治ったという話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ