iMac 7.1(Mid 2007)のHDDの交換手順とその罠

Hard Drive Repair
Hard Drive Repair / wwarby

せっかくがんばってやったから、記録を残しておくよ。

0.きっかけ

最近、メインマシンのiMacG5が、レインボーカーソルが出て
動作が鈍くなることが多くなってきたような気がする。
あと、本体のあちこちを触ってみると、相当熱い。

心配になって調べてみたら、下の症状が当てはまるような。

熱ダレでしょうか? early2008: Apple サポートコミュニティ

Temperature Monitorで内部温度を見ると、確かに高いような。
本体下の吸気口を軽く拭いたらホコリがいっぱい取れて、
温度が10度くらい下がった。

しかし、高い温度を長く経験しただろうから、
寿命が短くなっていてもおかしくない。
うーん。死んでからじゃ遅いし、変えるか。

ということで交換PJスタート。

1.情報収集

以下のサイトを参考にさせてもらった。

そして、なんとYouTubeに交換手順の動画が上がってるじゃないですか!

見てみると、、、うん。なんとか行けそうだ。

2.準備

必要なもの

HDD

当然。私は上の情報を参考に、Western Digitalの1TBのものを選んだ。


実際使ってみたところ、音は小さくて気にならない。
良いと思います。

ハードディスクの選定の際は、
メーカーも気にした方がいいのかもです。
Seagateはイマイチなの?

HDD約3万5000台を運用した実績からSeagate製品の圧倒的壊れっぷりが明らかに - GIGAZINE
ハードディスクはどこのメーカー製が一番壊れにくいのかが2万5000台の調査結果でついに明らかに - GIGAZINE

吸盤

大きめの100円ショップで売ってるので全然OKだった

トルクスドライバーT8

先が星形のもの。参考サイトにはT6もとあるが、私の場合は使わなかった。
必要な場合もある?T6がいらなければ数百円ですんだのに...

SANWA SUPPLY TK-002 ドライバーセット
SANWA SUPPLY TK-002 ドライバーセット
  • メーカー: サンワサプライ
  • 価格: ¥ 436 (47% OFF)

プラスドライバー

後述の罠。見落としがち。


3.気をつけるべき罠

手順は、参考サイトに書かれているし、
YouTubeの動画を見ればだいたいわかる。

ということで、罠について。
作業を始めて、一番初めにやること。

まず本体底面の、メモリースロットのカバーをプラスドライバーで開ける!!!

YouTubeの動画も、他のサイトも、ほとんどが
「吸盤を使ってガラスカバーを取る」ところから始まっている。
ASCIIのサイトのみ、

まずは前ページで紹介した要領でメモリースロットのカバーを外したうえで

とあるが、読み落とすこと請け合いだ。

これをやっとかないと、銀色のフレームが外せないのだ!
私の場合は、なんか引っかかってるのを不審に思いながらも、
強く力をかけてしまったため、メモリスロットのカバーが
閉まらなくなりましたよ!こんにちは!!

あとは参考サイトの通り。

4.交換手順

罠をふまえてまとめると以下の通り。

  1. メモリスロットのカバーをプラスドライバーで開ける
  2. 吸盤を使ってガラスカバーを外す
  3. iSightのところのコネクタに巻かれているテープを取り、コネクタを外す imac_hdd_replace1.jpg
  4. T8のトルクスドライバーで上下8本左右4本、計12本のネジを外す (長さが違うのでわからなくならないように注意)
  5. 銀色のフレームを外す
  6. 左右4本ずつ、計8本のネジを外す (長さが違うのでわからなくならないように注意)
  7. 液晶パネルを外す (私の場合は完全に外せなかったので、支えて浮かせたまま作業をした)
  8. HDD表面に付けられている温度センサーと、カバーのスポンジを取る (後で貼り直すのでそのあたりに置いておく)
  9. HDDを取り外す imac_hdd_replace2.jpg
  10. HDDについているレバーと逆側のネジ2本をT8トルクスドライバーで外す
  11. 新HDDに、10.で外したレバーとネジ2本を付ける
  12. 新HDDを元の場所に戻す
  13. 8. から逆に戻っていく
  • 7.のところでT6のトルクスドライバーを使うと 液晶パネルを完全に外せるという話もある
  • YouTubeの動画では、銀色の枠を外した後に、 なにやら基板上のコネクタを1つ外しているが、 よくわからなかったのでスルーしたけど問題なくできた
  • YouTubeではテープみたいなのをはがして液晶を外しているが、 私は液晶を外せなかったので、閉じないように抑えながらHDDを交換した

あとは特に問題はなかった。
久しぶりにこういうことやったら、
結構ドキドキしますな。

効果

アプリの起動が速くなったような気がする。
HDDのアクセスが早くなっているのだから当然か。

復帰はTime Machineで。
Time Machineステキ。
ただ別パーティションのデータが、
所有者がシステムになってしまっていて、ピンチだった。

Time Machineで復旧できていないような気がして、

sudo /Developer/Tools/CpMac -r /Volumes/Backup/Backups.backupdb/iMacG5/Latest/Data/* /Volumes/Data/

とかやってしまったからか。とりあえず

sudo chown -R 自分のアカウント /Volumes/Data/

みたいなことをして事無きを得ました。
てかsudoである必要がないな。アホか自分。

さて、問題のHDDの温度はというと。

Hard Drive Bay 1 57℃
SMART Disk 60℃


...あれ?変わってない?

ということで、何かの参考になれば幸い。


おまけ:悲しみに暮れるメモリスロットカバー。
imac_hdd_replace3.jpg

参考:

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2011年7月31日 23:23に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPadとiPod touchで快適に過ごせすために持っていると幸せになれるものとか」です。

次のブログ記事は「それもください、というのが1秒遅かった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ