【独学簿記2級・3級】仕訳や集計のミスを劇的に減らすコツ

【独学簿記2級・3級】仕訳や集計のミスを劇的に減らすコツ

簿記の勉強を始めて、まずぶつかるのがこの「仕訳」です。
様々な「?」が頭の中で渦を巻きます(というか私はそうでした)。

また、仕訳はいわば土台のようなものです。
B/S(貸借対照表)やP/L(損益計算書)作成の問題にも仕訳は出てくるため、
仕訳で間違えてしまうと、芋づる式に得点を失ってしいます。

つまり、
仕訳のミスをなくすことは、
簿記の試験合格のためには必須

と言っても良いでしょう。

そこでここでは、
仕訳や集計のミスを減らすためのコツ
を紹介します。

それ以外の、参考本選びなど勉強法全般については、
こちらの記事を参照ください。
時間がない人のための簿記2級独学勉強法 - うむらうす

仕訳についてのよくある悩みとその対策

  1. 借方と貸方、どっちがどっちか悩む。どういう意味があるのかわからない。
  2. 仕訳を左右逆に書いてしまう
  3. B/SやP/L作成時に、必要な仕訳を抜き出すのに時間がかかる上、まちがえる

1.は、実は意味はなくてただの決まりごとですから、
「ひだ 」が「か がた(借方)」とか強引に覚えましょう。
ちなみに「 だり」が「 よう(費用)」という覚え方もあります。
こじつけ万歳!

2.と3.について考えてみると、原因は以下の2点に尽きます。

  • プラスの項目とマイナスの項目が同じ見た目をしている(名前と数字のみ)
  • B/Sの要素(資産:負債、資本) と P/Lの要素(費用:収益)が両方入っている

どうすればよいでしょうか?

勝手に記号を書き加える

私が泣きながら編み出したのは、以下の方法です。

仕訳に、上で書いたような、
プラスの項目マイナスの項目B/Sの要素P/Lの要素 を、
一目で見分けられるような記号
を書き加える。

例えば私は、

  • プラスの項目には「+」
  • マイナスの項目には「ー」
  • B/Sの要素は□
  • P/Lの要素には○

を書き加えていました。

記号はなんでもよいのですが、
□の方が固そうで固定資産っぽいからB/S
○はお金っぽいからP/L
という適当な理由でこうしました。

これらをドッキングして、

  • B/Sのプラスは「□」の中に「+」を書いた記号→□+
  • B/Sのマイナスは「□」の中に「ー」を書いた記号→□ー
  • P/Lのプラスは「○」の中に「+」を書いた記号→○+
  • P/Lのマイナスは「○」の中に「ー」を書いた記号→○ー

を書き加えるわけです。

例えばこんな感じ。

現金 1000 | 受取手形 1000

というのがあるとします。
現金も受取手形もB/Sの項目ですから、bs-plus40.pngbs-minus40.pngを書き加えます。

bs-plus40.png 現金 1000 | 受取手形 1000 bs-minus40.png

これで「この仕訳は、資産の付け替えだな」ということがわかります。

現金 1000 | 売上 1000

というのがあるとします。
今度はB/SとP/Lの両方が出てくるので、

bs-plus40.png 現金 1000 | 売上 1000 pl-plus40.png

となり、B/SとP/Lの両方が増えているのがわかります。

もう一つ。

仕入 1000 | 買掛金 1000

というのがあるとします。
仕入はP/Lの費用、買掛金はB/Sの負債ですから、

pl-plus40.png仕入 1000 | 買掛金 1000bs-plus40.png

となる。

B/Sは、左:資産 右:負債/資本、
P/Lは、左:費用 右:収益、
というように左右で項目が違いますが、どちらでも、
増えたら+、減ったらー
としておきます。つまり、

  • bs-plus40.pngが左にあるのは資産
  • bs-plus40.pngが右にあるのは負債/資本
  • pl-plus40.pngが左にあるのは費用
  • bs-plus40.pngが右にあるのは収益

ということです。(ーは左右が逆になります)

各勘定科目のホームポジションが左右どちらかは、
絶対に把握しておきましょう。

<追記>
勘定科目ホームポジション確認クイズを作りました! →【簿記3級クイズ利用券】

メリット

この方法を使うと、以下のようなメリットがある。

○ B/S、P/Lの項目の違いが意識できる

上の4つの記号を書くようにすると、
B/S、P/Lを区別する習慣ができます
すると、下で書くように、B/SやP/Lを作成する問題でも役立つのです。

○ +とーの数え間違いが劇的に減る

簿記の計算はをしていて、+とーの間違いをしたことがない人は、
ほとんどいないのではないでしょうか?
でも、4つの記号が正しく書かれていれば、まず間違えません

これが大きいのです。

○ B/S、P/Lの抜き出しの効率が上がる

B/SやP/Lを作成するときに、一つ一つの項目を
「これは資産、これは費用...」
というように判断していくのは、時間と精神力のロスです。
それは、ミスにもつながります。

一方、記号が書いてあれば、
機械的に□や○の項目のみ抜き出せばいいのだから、
楽な上にスピードも精度も上がります。


まとめ

仕訳の悩みは、以下のようなものが多いです。

  • 借方と貸方、どっちがどっちか悩む。どういう意味があるのかわからない
  • 仕訳を左右逆に書いてしまう
  • B/SやP/L作成時に、必要な仕訳を抜き出すのに時間がかかる上、まちがえる

それは、以下のことが原因と思われます。

  • プラスの項目とマイナスの項目が同じ見た目をしている(名前+数字のみ)
  • B/Sの要素(左:資産、右:負債、資本)とP/Lの要素(左:費用、右:収益)が両方入っている

これらを解決するために、仕訳の横にこんな記号を書き加えてみましょう。

  • B/Sのプラスは「□」の中に「+」を書いた記号→bs-plus40.png
  • B/Sのマイナスは「□」の中に「ー」を書いた記号→bs-minus40.png
  • P/Lのプラスは「○」の中に「+」を書いた記号→pl-plus40.png
  • P/Lのマイナスは「○」の中に「ー」を書いた記号→pl-minus40.png

この方法には、こんなメリットがあります。

- B/S、P/Lの項目の違いが意識できる - +とーの数え間違いが劇的に減る - B/S、P/Lの抜き出しの効率が上がる

もしかすると、他でも使われてるのかもしれませんが、
私は見たことがなく、自分で編み出したものです。

クイズを作ってみた

これって普通に知られていることなのかな?と
税理士さんに話してみたところ、
想いの他好評でした!

おお、そうなのか!

じゃあ、どうせやるなら、楽しくできた方がいいよね。
ということで、上で紹介したコツを、
自習で身につけられるようなクイズを作ってみました。

簿記3級勘定科目ホームポジション確認クイズ

3kyu-quiz-image.PNG

↑こんな感じで、簿記3級の主要な勘定科目の、
ホームポジションがどこかを答えるクイズです。
口数少なめの簿記ガールが、目にやさしいです。

こんな感じで1回に20問、ランダムに出題されます。
ほぼ全正解できるようになっておかないと、
どこかでミスしてしまうかもしれません。

まずはこちらを繰り返しチャレンジして、
マスターしてください。

簿記3級仕訳 4つの記号書き込みクイズ

3kyu-quiz-image2.PNG

「ホームポジションクイズ」が十分できるようになったら、
こちらにチャレンジしてみてください。

仕訳を見て、「4つの記号」を考えてみるクイズです。
こちらも、簿記ガールが殺伐とした空気をなごませてくれます。

上の問題だと、
現金は資産でホームポジションがB/Sの左、
売上は収益でホームポジションがP/Lの右、
ですから、
□+ | ○+
で、答えは(2)ですね。

(本当は、□や○の中に+、- を入れた記号の
画像を使いたかったのですが、できませんでした...)

上でも書きましたが、
同じ勘定科目でも、右にあるか左にあるかで、
プラスマイナスがひっくり返ります。

このクイズで、パッと4つの記号が思い浮かべるように
練習してみてください。
慣れてきたら、この仕訳はどういう意味なのかな?
と考えてみると、より理解が深まると思います。

こちらのクイズも、1回で20問ランダムに出題されます。

税理士の先生もオススメ

と、まぁ作ってみたのですが、
どんなものか自分ではよく分からないので、
税理士の先生に見てもらいました。
起業・創業を支援する新宿の税理士::松本浩幸税理士事務所

「簿記にこれから挑戦しようとする方、
またはすでに勉強を始めた方にとっては、
簿記ってこういう感覚なのか、
と思えるかどうかが、とても重要です。

その意味で、このゲーム(?)の基本的な考え方は、
まさにど真ん中ですね。ふだん私が頭の中で
仕訳を考えているときにやっていることを
ビジュアル化するとこんな感じだと思います。」

予想以上に賛同してもらました!

仕訳は、簿記試験の基礎です。
どうせやるなら、楽しく身につけたいものです。

  • クイズは、スマホと携帯でのアクセスに対応しています。
    (タブレットだと、妙に文字が大きくなるのでオススメしません)

  • ただし、ネットにつながる環境でないと使えませんので、
    ご注意ください。

価格

クイズは繰り返し練習できますので、
1回分の価値はあるだろうと思いますので、
とりあえず500円で販売します。
サーバの都合があり、まずは100ライセンス限定です。

【簿記3級クイズ利用券】DLmarketで購入

その後、相場を知るために簿記学校の講座を
調べてみたのですが、こんな感じでした。
なんか結構すごい...

 

Q & A

以下、質問と答えです。

Q1:クイズを利用できる期限はあるの?

A:いえ、一度購入されたら、ずっと使えます。
月額制にすると「もったいないパワー」で早く覚えられるかな?
とも思いましたが、ま、変わらないと思いますので...

Q2:値上げするの?

A:もし好評を博して、今後コンテンツを増えたら、
値上げすることもあろうかと思います。
が、一度購入された方は追加費用はかかりません。

Q:どうやってアクセスするの?

こちらで購入すると届くメールに、
クイズサイトの情報と、ID・パスワードが書かれていますので、
そちらを参考にアクセスしてみてください。

【簿記3級クイズ利用券】DLmarketで購入

Q:2級用のクイズはないの?

2級...ちょっと作ってみたのですが、
仕訳が複数行にまたがる複雑なやつが多いんですよ。
ちょっとスマホや携帯用の画面だとわかりにくくて、
ストップしてます。

もしかすると、今後作るかもしれませんが、
今のところ未定です。


繰り返しになりますが、仕訳は簿記の試験の基礎です。
ここを固めてから他に取り掛からないと、
とってもに悲しい事態に陥りかねません!
(というか、私は陥った)

ということで、基礎を固めてミスを一つでも減らし、
合格をゲットしてください!


<関連記事>

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2011年8月14日 09:20に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「それもください、というのが1秒遅かった」です。

次のブログ記事は「web拍手にお答え 2011年5月〜7月」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ