最小公倍数はもっと評価されるべき

「最大公約数的な」という言い方は聞いても、
「最小公倍数的な」という言い方はあまり聞きません。

昔は仲良しコンビだったはずなのに、
いつの間にか活躍の頻度が違うなんて、
ガチャピ○とムッ○みたいですね。

ということで、これから「最小公倍数」を持ちあげてみます。

最小公倍数の方がえらい

「最大公約数」っていうのは、
切り捨ててしまっているんですよ。
細部の違いというものを。

一方、神は細部に宿るらしいじゃないですか。
ということは、神を切り捨ててしまっていると。
これはイクナイ!!
(ちょっと苦しいか)


例を挙げましょう。

田中さんはカレーが、
伊集院さんはカツ丼を食べたかったとします。

「最大公約数的に」決めれば、
もう白米しかないですよ。ライス。
ヲ〜ウ、オカズガナイデ〜ス。(ペリー風に)

それが、「最小公倍数的に」決めたとしたら、
どうでしょうか?

そうです!カツカレーですよ!!
すごい!夢みたい!(言いすぎ)

 

もう一例出しましょう。

松岡さんは、NYに、
高柳さんはパリに行きたかったとします。

「最大公約数的に」決めれば、
...まぁ、お台場でしょうね。

でも、「最小公倍数的に」に決めたとしたら、
どうでしょうか?

そうです!「北米東海岸→ヨーロッパの10日間の旅」ですよ!
もう断然こっち!!!

 

あと、「最大公約数」「最小公倍数的」
英語で何ていうか知ってますか?

「最大公約数」「the greatest common divisor」
略して「GCD」あるいは「g.c.d.」らしいですね。

一方「最小公倍数」「the lowest [least] common multiple」
略して「LCM」あるいは「l.c.m.」らしいです。

響き的にも「グ・ク・ドゥ」よりも「ル・ク・ム」の方が
断然ステキですよね。

え?理由?

えっと、ほら、濁点が多いと。
ちょっと重い感じするじゃないですか。
一方、LCMの方が軽やかっていうか。

...もういいでしょう?

とにかく、もう最小公倍数の圧倒的優位は揺るがない感じですね。


ということで、今日は「最小公倍数」
再評価を世に問うてみました。

今年は「最小公倍数的に」というフレーズを
流行語大賞にしたいと思いますので、
ぜひ関係各位は隙あらば使っていく方向でお願いします。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2013年1月19日 00:51に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPad/iPhone/iPod touchで撮影した写真や動画を自動で無線でバックアップする 〜LinkStation+WebAccess i〜」です。

次のブログ記事は「ろくろ首の退治の仕方についての一考察」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ