「プラスチックごみの処理方法を考える研究会」の中間報告を読んでみた

recycle.jpg

プラスチックごみの処理方法を考える研究会
中間報告 2011年8月9日版

プラスチックのリサイクル。

ずっと「本当のところどうなの?」
と以前から思っていたトピックだったので、
上の報告書を見つけて読んでみた。

結論は、P55、P56(同じスライド)の表。

要約すると、家庭ごみでも産廃でも

  • リサイクルが容易なよく分別されたPETボトルや白色トレイ→材料リサイクル
  • 様々な種類が混ざったプラスチック→ケミカルリサイクル、ガス化、RPF化
  • プラスチック含有ごみ→サーマルリサイクル(燃やす。望ましくは発電)

ということであるようだ。

他に得た知識としては、以下のようなところ。

  • 材料リサイクルは案外残渣が多い(半分)
  • あまり分別や洗浄にエネルギーをかけるのはムダ
  • プラスチックを燃やしてもダイオキシンはほとんど出ない(対策済み)
  • 容器リサイクル法でCO2削減を図るのはコストが高過ぎる

ものすごく手間がかかった資料なのはわかるが、
何を言いたいのかわからないスライドが多々見受けられ、
把握が難しかったのが残念なところ。

他には、プラスチックのリサイクルについては
こちらが参考になる。
東京都廃プラ危機 市民のための環境学ガイド
最新ペットボトルのリサイクル 市民のための環境学ガイド

「水でさっとすすいでキレイになるプラはリサイクル。汚れの落ちないプラはサーマルへ」

東京都廃プラ危機 市民のための環境学ガイド
ペットボトルはリサイクルをしないよりは、した方が遥かに良い

最新ペットボトルのリサイクル 市民のための環境学ガイド

同じ結論ですな。


ということで、プラスチックはできる範囲でリサイクル。
汚れたのを一生懸命洗うのはエネルギーのムダですよ、と。

覚えたぞ!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2012年3月 6日 00:31に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「当日やることのToDoリストはアプリで管理せず紙に書き出した方がいい」です。

次のブログ記事は「「○○としている事実上の△△」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ