自己批判戦士 猛省マン!

「誰が呼ぶ!?
いや、誰も呼んでいないのではないか・・・
と、とにかく、ただいま参上!猛省マン!」

「フッ来たか。
こちらが何もしなくても、放っておけば勝手に崩れていきそうな、その危うさ。
だから、アタシがついていてあげないと・・・
じゃなくて、私がお前と戦う理由もそこにある!」

「何を言っているのかよくわからないが、
ほめてくれてありがとう!」

「ほめてない!!」

「フフッ。照れちゃって、カワイイやつ・・・
だからといって、手加減なんぞしないぞ!」

<!!自動発動!!クリティカルセルフクリティシズム!!>

(待てよ・・・)
(しかし、私はなぜあいつと戦うのだろうか・・・)
(私は何をもって、あいつを裁こうとしているのだろうか・・・)
(私だって、聖人君子ではない。罪を犯したこともある・・・)
(そんな私に、あいつと戦う資格なんて、あるのだろうか・・・)
(そもそも、なぜ私なんかが「ヒーロー」と呼ばれているのだろうか・・・)

 

「・・・おい!おい!!」

「ハッ?」

「クッ、戦っている最中にいきなり回想シーンで自省か!
そんなヒーロー見たことないぞ!」

「うぅ、申し訳ない・・・」

「相手に謝るヒーローって・・・」

「いえ、私なんかがヒーローだなんておこがましい」

「クッ、なんだか、めんどくさい空気に・・・
ええい!ままよ!
どうだ!巨大昆虫を呼び寄せたぞ!
あいつが到着すれば、町は壊滅だ!」

「貴女はなぜそのようなことを・・・
ハッ!」

<!!自動発動!!クリティカルセルフクリティシズム part2!!>

(全ては、私という存在が、
この町に災厄を引き寄せてしまっているということ・・・!)

(わかった!わかったぞ!
私がいなければ、私さえいなければ、世界が平和に近づく・・・!)

 

「わかった!今やっとわかったぞ!」

「イヤな予感しかしないが、一体何がわかったのだ?」

「答えは、こうだ!」

「あれ?おーい・・・
なんだ?どこいったんだ?職務放棄?
うーん、困ったなぁ。どうしよう。
見ている一般人の方々の戸惑いもハンパない。
なんかこれで町に攻め込むの、ものすごい気が引ける。
しょうがない。出直すか・・・ううう、めんどくさい・・・」

 

こうして町の平和は守られ、
めんどくさい空気をかもしだす猛省マンは、
見ていておもしろくないので速攻打ち切りになるのであった。

おしまい。

ありがとうございます。皆さんの拍手が私のモチベーションです→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、haruが2013年6月27日 21:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Siriと対決してみた」です。

次のブログ記事は「天使っぽい名前その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ