Launch Center Proが便利そうだけど使い方がよくわからないので考えてみたら、やっぱり便利そうだった

Launch Center Pro(以下LCP)というiOSアプリが、
クリスマスセールで500円→100円で販売中。
なんと80%オフ!!すごい!!
なんか評判も良さそうなので買わなくちゃ!
と買ってみた。

Launch Center Pro 2.4.1(¥100)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Contrast - Contrast Apps LLC(サイズ: 38.2 MB)

で、何が便利なんだろう?と調べてみた。
おそらく同じ気持ちの人もたくさんいると思うので、
調べて、検討してみた結果を書いてみるでござる。

で、どんなアプリなの?

基本的な使い方は、こちらを読めば、
なんとなく感じがつかめるだろう。

一言でいうと、
「いろんなことができるランチャーアプリ」
であることがわかった。

で、その「いろいろ」がわからんのじゃ!!
という魂の叫びが聞こえてくるので、
私が良いと思った使い方を挙げてみる。

以下、説明していこう!

1 単なるランチャーとしてアプリを立ち上げる

アプリを登録してランチャーとして使う。
Action ComposerのInstalled Appsにあればいいが、
なかったら、以下のページからURLスキームを探して
登録する必要がある。

こちらで調べられる。
[5000超]iPhone URLスキーム -The theoryの戯言[毎週日曜更新]

例えば、私が調べたアプリは以下のもの。

  • 「駅探 乗換案内」 com.ekitan.EkitanTransit:
  • Sunrise sunrise:
  • メトロタッチ metrotouch:
  • Textwell textwel:

フォルダのような「グループ」を使って、
アプリやアクションをまとめることもできる。

しかし。

ただのランチャーとして使うのだったら、
フォルダからアプリを立ち上げるのと、さして変わりはない。
むしろ、LCPを立ちあげる手間が増えるので、
一手間増えてしまっている。

効率化してない!!

ということで、この使い方はあまりオススメしません。

2 データを渡しながらアプリを立ち上げる

LCPの特徴は、
文字列など、何かが入力された状態で、
アプリを立ち上げることができる

こと。

これは、普通にアプリを起動してもできない。
つまり、この使い方をしてこそ、LCPを使用する価値がある。

2-1 プロンプトを使って文字列を渡しつつアプリを立ち上げる

  1. アプリを起動して
  2. 小さい検索窓をタップして
  3. 文字を入力して「OK」をタップ

という手順のうち、2を省ける。
ここが一番めんどくさいところなので、
ストレスが減っていいかも。

プロンプトから入力を促すには、

[prompt:Query]

みたくするとこんな感じになる↓

例えば、以下のような使い方がある。

調べたい言葉を入れると、SafariでGoogle検索の結果が返る

http://google.com/search?q=[prompt:Google検索]

「prompt:」のあとの文字列は、入力窓のタイトルになる。
こんな感じ↓

調べたい言葉がを入れると、Wikipedia検索の結果が返る(Wikiamo使用)

Wikiamo 1.24(無料)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他
販売元: Satoshi Nakagawa - Satoshi Nakagawa(サイズ: 0.4 MB)

「何それ?」と思ってWikipediaで調べたいときに、
アプリやSafariを立ち上がるを待たずに、
すぐ言葉を入力できる。

それから少し待つが、入力し終わってるから、
なぜか待つときのイライラ感が減る。

wikiamo://ja.wikipedia.org/search/[prompt:Wikipediaで調べる]

現在地からのGoogleマップルート検索

Googleマップで検索するときは、
だいたいそこに行きたいときなので、
いきなりルート検索の結果を出してほしい。
そんな人向け。

comgooglemaps://?daddr=[prompt:目的地]&directionsmode=transit

1Passwordから検索

1Passwordからの検索。

1Password 5.1.2(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: AgileBits Inc. - AgileBits Inc.(サイズ: 17.5 MB)

1Password依存度の高い私には、かなりうれしい。

onepassword://search/[prompt:Search Terms]

2-2 クリップボードの内容を渡しつつアプリを立ち上げる

3 テキストを加工する

テキストを自由に加工して使うことができる。

TextExpanderやBookmarkletでも同じことができる。 しかし、

  • Bookmarkletは、Safariで使うなら、結果はSafariに渡す
  • TextExpanderは、対応しているアプリにテキストを入力する

一方LCPは、変換した内容を様々なアプリに渡すことができるので、 色々な用途が考えられるわけだ。考えれば。

例えば、以下のような使い方がある。

Day One (日誌 / 日記) 1.15.2(¥100)
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
販売元: Bloom Built, LLC - Bloom Built, LLC(サイズ: 30.7 MB)


ということで、調べてみたら、
やっぱり色々な使い方があることが分かった。

その中でも、データを渡しながらアプリを立ち上げる
というところがLCPの便利な点だと考え、
その使い方の例をいくつか示した。

最後に、私が使っているGroupを載せておく。

LCPのホーム画面はこんな↓

「Search」グループはこんな↓

「Add new」グループはこんな↓

まだ模索中なので、使っているうちに変わるでしょう。
何かの参考になれば幸いです。

Launch Center Pro 2.4.1(¥100)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Contrast - Contrast Apps LLC(サイズ: 38.2 MB)


参考

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2014年12月25日 18:05に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「web拍手にお答え 2014年8〜11月」です。

次のブログ記事は「あけましておめでとうございます2015」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ