ドッペル?

最近耳にした衝撃的な言葉について考えたいと思います。

「オレこの前ドッペル見ちゃってさー」
ドッペル見ちゃって。一体何のことなんでしょうそれは。

幼稚園で習うように、ドッペルと言えばドイツ語でdoubleの意味ですので、 何かをダブルで目撃したということに相違ありません。 そこで問題となるのは、一体何を目撃したのか、です。 果たして、おすぎとピーコをダブルで見たのか、 それとも工藤兄弟をダブルで見たのか。 これだけではわかりません。

と考えるのをあきらめようとしたとき、私の脳内の小人さんがささやきました。
『お兄さん。「ドッペル 見ちゃって」じゃなくって、 「ドッペルミ茶って」なんですよ。コレホント。』と。

つまり、「ドッペル」を見るの目的語としてとらえるのではなく、 「ドッペルミ茶」というお茶の感想を述べようとしているということなのではないか、 というコペルニクス的転回(大げさ)です。

「ドッペルミ茶」って、その名の通りドッペルミ地方原産のお茶で、 温暖湿潤な気候で成育した、やや肉厚のお茶なんだよ。 ドッペルミ地方と言ったら家畜としてヤギが多いから、 ヤギ乳で煮出す飲み方が一般的なんだよねー、 といった感じの適当なことを話し出そうとしていたのではないか、というような適当なこと書いてるのは私です!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2004年5月 8日 12:36に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「解釈の相違」です。

次のブログ記事は「仲間外れ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ