ImageWellは便利

こうやって記事を書いていると、 Photoshopやgimpを立ち上げるまでもない、 サイズを変更したり、文字や図形を書き込んだりといった、 ちょっとした画像いじりの機会が結構ある。

私はしつこくGraphicConverter(ver 4.4.4までしかお金を払っていないので、そのまま) を使っていたが、 他に使いやすいものがあれば移ってもいいかなーと考えていた (GraphicConverterの優れた画像ビューワーとしての価値は、何ら変わらないが)。

ToyViewerを試したりもしてみたが、 文字や図形の書き込みができなさそうなのでやめた。

そこで出会ったのがこのImageWell。これは、かなりいい。 シンプルだが必要な編集機能が揃っているし、使い勝手もいい。 そして、編集した画像ファイルのアップロード機能が付いているのが素晴らしい。 欠点として、書き出しファイル形式がtiff、jpeg、pngの3種類しかないが、 私はそれぐらいしか使わないので問題なし。

ということでちょっと画面を紹介してみる。

基本画面
↑基本画面。
ファイル名、画像サイズ、形式を簡単に変えられる。

編集画面
↑編集画面。
切り抜き、文字、図形、線の追加、などが一通りできる。

このImageWellは、ファイルをサーバにアップロードするFTP機能も備えている。 基本画面下の「location」ボタンをクリックすると、 アップロードするサーバの情報登録画面になる。

サーバ情報登録画面
↑ここに登録しておけば、「送信」ボタン一発でファイルをサーバにアップロードできる。すばらしい! FTP機能を持つエディタは知っているが、 画像編集ソフトは商用ソフトしか知らなかった。

ちなみにこの「Locations」の「環境設定」で「常にjpgを送る」をチェックしてあると、 全てのファイルがなぜかjpgファイルとして送信されて不思議な思いをするので要注意だ(←経験者)。

FTP環境設定
この一番上のやつだ!がっでむ!

あとファイルをサーバにアップロードしたときに、 同時に画像ファイルのURLや、 画像を表示するためのimgタグをクリップボードにコピーしてくれる。 まさにかゆい所に手が届く機能と言えよう。


↑これ。これがすばらしいんだよ。


まとめ

  • ImageWellは基本的な編集機能を備えている他、FTP機能も持っている
  • しかもアップロードした画像のURLやimgタグをクリップボードにコピーしてくれる
  • 弱点はファイル形式がtiff、jpg、pngの3つしかないところ

ということで、私は今後どんどん使って行く予定。

PISCESさん、わかばマークのMacの備忘録さんでも詳しい紹介記事が書かれているので、 より情報が欲しい方はこちらも参照されたい。
ImageWell 3.0 : PISCES
わかばマークのMacの備忘録 : ImageWell

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2007年2月28日 00:03に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「It's all text!が良い」です。

次のブログ記事は「うま過ぎ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ