Warp - Spaces便利化システム環境設定

Macの手書き説明書さん経由、Warp

Spacesを有効にしているときに、移動したい方向の画面端にカーソルを置くと、 隣のSpaceに移動することができるという、Spaces便利化PreferencePane。

Spacesデフォルトのショートカットキーの「Ctrl+数字」とか「Ctrl+矢印キー」 とかよりもずっとシンプルで直感的だ。ということで全てのSpaces使いの人に推奨。 設定画面は以下のような感じ。

Warp設定画面
設定画面

大体見ればわかると思うが、「Warp mouse when swiching spaces」がややわかりにくいか。 文字で説明するとめんどくさいのだが、 要は「移動先の画面のどこにカーソルが現れますか」と言うこと。 例えば画面下の端にカーソルを0.75秒ほど(Activation delayの秒数)キープして下の画面に移動したときに、 カーソルが新しい画面の上にひょっこりワープして現れるのが「Warp mouse」。 カーソルが新しい画面に移動しても下にあるままなのが「Warpなし」ということ。はい文字で説明してもわかりにくいー。

デフォルトではチェックが入っているのだが、 私の場合Warpされるとカーソルを見失うことに気付いたのでチェックを外して使っている。

ダウンロード:ksuther.com | Warp

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2007年12月24日 13:35に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AppleScriptでFirefox3で表示しているページのタイトルの取得の仕方がわからない」です。

次のブログ記事は「サンタさんへの手紙」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ