ラソーダ!

昔、野茂が初めて大リーグへ渡ったときに、
ドジャースの監督だったのがラソーダ監督。
そのラソーダ監督が、CMに出ていた記憶がある。
そして、そのとき彼はこんなことを言っていた気がする。

「ラソーダ、○ラソーダ!」

すごいどうでもいいダジャレだった気がするのだが、思い出せない。
だからこそ、考えてみる。

方針:
上記の問題に対するアプローチとして、エレガントさには欠けるが
○に五十音を代入していく手法を取る(brute force的)。
そのなかで意味が通じるものを抽出してみる。

結果:
・ラソーダ、えラソーダ!
ラソーダさんが態度が大きいので、
言動に気をつけた方がいいですよ、という忠告。

・ラソーダ、かラソーダ!
ラソーダさんが、辛そうですよ、という指摘。

・ラソーダ、つラソーダ!
ラソーダさんが、辛そうですよ、という指摘。
漢字が同じなのは偶然の産物。

・ラソーダ、そラソーダ!
ラソーダさん、それはその通りだよ、という指摘。

・ラソーダ、ゆラソーダ!
ラソーダさんを、ゆらしましょうよ!という呼びかけ。

・ラソーダ、むラソーダ!
ラソーダさんを、蒸らしましょうよ!という呼びかけ。


さて、答えを3分調べてもわからなかったのだが、
どうもサロンパスのCMで
「痛み、なラソーダ」
だった気がしてきた。

とすると上のはちょと違う気がするが、まぁおもしろかったからいいか。
それじゃあまた!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2009年11月12日 21:33に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「怖いってば!」です。

次のブログ記事は「深読み力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ