当日やることのToDoリストはアプリで管理せず紙に書き出した方がいい

結論:

当日やることのToDoリストは、アプリで管理せず紙に書き出した方がいい。

理由:

iPod touchやiPadは他にも様々なアプリがある。

タスク管理アプリ、例えばWunderlistは、
確かにすばらしいタスク管理ツールなのだが、

常時表示させておくわけにもいかない

むしろ、他のものを表示している時間の方が長い。

一方、ToDoリストというものは、
見ようと思った瞬間に見られる状態にないと、マズい
せっかく作ったリストを、めんどくさいからと見ないで、
その辺の目に付くタスクにかまけてしまうのは、よろしくない。
例えば、だらだらとしたメールチェックとか。
(・A・)イクナイ!!

対策:

そこで、Wunderlistは当日のToDoリストを「作る」のに使い、

「見る」のには使わないことを提案したい。

Wunderlistの使い方はこちら

Todo管理アプリWunderlistを使ってGTDするときのオススメ設定

じゃあどうやって「見る」のよ?
ということになるのだが、

紙がいい

という結論に落ち着いた。

アクセス速度、可搬性、付着による設置性、
入手しやすさ、コストなどを総合的に考えると、
ポストイット最強
正方形か、もっと大きいやつ。

個人的なオススメは、ポストイットにバブルマップで書く形式。
バブルマップのすすめ 〜 ストレスすっきり解消型ToDo管理手法 〜 | IDEA*IDEA

2005年の記事だが、私はこれを読んで以来、
ずっとバブルマップ形式のTodoメモを使ってる。
5年以上も記事にせず寝かせていたことが驚きだ。

私はこれを更に改良し、

  • 予想所要時間を記入する
  • タスク(バブル)を、こなす順番に矢印でつなぐ(すごろくみたい)
  • 実際にタスクをこなすのにかかった時間を記入し、予想との差を確認する

という運用にしている。

そうやって作ったTodoメモを、
PCのモニタ、キーボード、手帳など、
常に目に付くところにペロッと貼っておくのが良い。

まとめ:

当日やることのTodoリストは、

  • Wunderlistで抽出する
  • ポストイットにバブルマップで書きだす
  • 予想所要時間と、こなす順番を矢印で記入する

で、そこに書いてある通りに進めると、
あまり脇道にそれずに済むので、捗るよ、と。

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2012年2月23日 00:33に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「web拍手にお答え 2011年11月〜12月」です。

次のブログ記事は「「プラスチックごみの処理方法を考える研究会」の中間報告を読んでみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ