It's all text!が良い

私は現在、Movable Typeで記事を書くときには、 Movable Type管理画面のtextarea内で書いているのだが、 できればエディターを使いたい。 しかしいちいちコピペするのめんどくさいので、 できればスッキリと連動して欲しい。

と思っていた所、 FirefoxにIt's All Text!という機能拡張(アドオン)があることを知った。 これはtextareaでの文字の編集を外部エディタでできるというものだ。

私はJedit Xを使っているので、できればこれに渡したい。 実は以前、mozexという同じような機能を持つ機能拡張を試していて、 そのときはできなかった (mozex (うむらうす))。 しかし、今回はめでたく成功したので、やり方を書いておく。

まずインストールして、「ツール」→「アドオン」から「It's all Text!」の設定を開く
↑こんな感じ

ここでBrowsボタンを押してエディタを指定するのだが、 普通にJedit Xのアプリケーション本体を指定しても、エラーが出て開けない。 というのも、Macのアプリは実行ファイルそのものではなくて、 その中に色々とファイルが入っているからだ。 そこで、Jedit Xアプリのアイコンを右クリックして「パッケージ内容を表示」する。 その中の「Contents」「MacOS」の中に「Jedit X」というファイルがある。 これが実行ファイル本体だ(種類は「Unix実行ファイル」)。 パスはこんな↓

/Applications/Jedit X Folder/Jedit X.app/Contents/MacOS/Jedit X

しかしBrowsボタンでファイルを指定する場合、 パッケージの中身を開いて指定することができなかった。 そこで上のUnix実行ファイルのエイリアスを、 浅い階層(例えば「Jedit X」フォルダの中)に作り、 それを指定する必要があるのだ。やれやれ。


↑こんな風にして、こいつを指定してやる

これでtextareaの右下にeditボタンが現れるようになるので、 喜び勇んでクリックすると、華麗にJedit Xが起動するという寸法だ。

めでたしめでたし。


まとめ

  • It's all text!を使うとFirefoxでのtextareaの編集が外部エディタでできる
  • 編集内容のtextareaへの反映はCommand-S。するとtextareaが黄色く妖しく光る。カッコイイ
  • Movable Typeの場合文字コードはUTF-8にする
  • Enable DebugをOnにしても何が変わったのかよくわからない
  • Jedit Xではtxtファイルとして開かれるので、HTMLのカラーリングはなされていない。 「表示」→「構文のカラーリング」→「HTML」とするとカラーリングされる
  • 2つ以上のtextareaを編集する場合、Jedit Xはライセンス数以上開くんじゃねぇ!と怒って強制終了
  • CoteEEditorも、アプリ本体指定してみたが開けなかったので、問題はフォルダやファイル名がスペースを含むか、ということではなさそう。おそらくJedit X以外のエディタもこの方法で指定してやらないといけないっぽい
皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2007年2月27日 00:05に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私がインストールしておかないと困る10のアプリ」です。

次のブログ記事は「ImageWellは便利」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ