iPhoneでMVNO(OCNモバイルONE)へMNPした際に調べたことのまとめと使ってみた感想

  • 電話はあまりかけない。通話の相手は家族がほとんど
  • 家族はみんなDoCoMo
  • 出先でネットはよく使い、テザリングもしたい

という 通話 < ネット という使い方をする、
私のような人のために、MVNOについて調べた結果と、
2015年3月にiPhoneでMVNO(OCNモバイルONE)にMNPした感想を
まとめておきます。


  1. 状況
  2. MVNOのメリットとデメリット
    1. メリット:基本料金がかなり安い
    2. メリット:二年縛りがない
    3. デメリット:家族割引、無料通話分がない
    4. デメリットにならないこと
  3. MVPの手続き
    1. MVNOをどこにするか決める
    2. 番号発行@DoCoMoショップ
    3. 格安SIM申込み手続きは店舗がオススメ
  4. 通話をどう安くあげる?
    1. IP電話を使う(050 plus、Fusion)
    2. 家族通話用のガラケーを新規契約する

1. 状況

  • 電話はあまりかけない。通話の相手は家族がほとんど
  • 家族はみんなDoCoMo
  • 家はWi-Fiを使うが、外で作業することも多い
  • 通信は、iPadのテザリングとかもしたい

というような感じです。

家族以外にはあまり電話をかけないので、
「かけホーダイ必須、ネット通信量少なめ」
という最近の料金プランは、相性が悪い、
という人は結構多いのではないかと。

ただ、MVNOにするにあたって、
不安要素がいくつかありました。

家族がみんなdocomoなので、MNPをすると、
タダになってる家族通話の料金がかかるようになり、
結局通信料安くならないのでは?

というところが懸念でした。
結論としては、充分メリットは出ると判断しました。

電話代と通信料合わせて安くなってるし、
テザリングできるし、
通信・通話の品質も、特に問題を感じません。

2. MVNOのメリットとデメリット

2-1 メリット:基本料金がかなり安い

  • 通話はカケホーダイでないため、2700円程度の定額料金がかからない
  • 通信料は、docomoでは2Gで3500円、4Gで5000円
  • MVNOでは、2Gで1600〜1800円程度、4Gで2100〜2300円程度(音声通話あり)

(価格は全て税抜き)

通話料金は、月に2700円かけないなら、
MNPの方が安くなります。
後述するように、通話料金を安くする方法は
いくつかあります。

2015年5月現在は、2G→3G、4G→5Gに容量が増えて、
お値段そのままになっているところも多いです。
(参考:格安SIMが一斉に通信量アップ 各社の違いを表にまとめました[3社追記]|タブロイド|オトコをアゲるスマホニュース

通信料は、ざっくりキャリアの半額以下です。

2-2 メリット:二年縛りがない

  • docomoの月々サポート(月額費用の割引)は、
    2年縛り前提で、2年前の解約は違約金がかかる(9500円)
  • MVNOでは、違約金が発生する期間は半年以内くらいとゆるい

ちなみに、iPhoneでMNP転出したい場合、
MVNOを使いやすいDoCoMoで、
月額サポートをつけずに新規契約/機種変し(数千円高くなる)、
すかさず転出するのが一番ダメージが少ないです。

2-3. デメリット:家族割引、無料通話分がない

  • DoCoMoではファミ割でタダになっていた、
    家族との通話に対して通話料が発生してしまう
  • しかし検討した結果、
    月額800円くらいで、家族にかけ放題の、
    ファミ割のガラケーを持つことができる

    と判明した
  • 詳細はこちら↓
    DoCoMoでバリュープランの通話用回線をなるべく安く確保する方法(2015年3月から)
  • 安くなるのは、月額2700円
  • プラスは、基本料金800円くらい+機種代8000円の2年割り330円/月くらい+通話料
  • あんまり電話かけないので、
    基本料金+通話合わせて1500円以下に収まりそう

2-4. デメリットにならないこと

ということで、色々考えてみると、
メリットがデメリットを充分上回る!
MVNOにMNP転出しよう!

と結論づけました。

3. MNPの手続き

3-1. MVNOをどこにするか決める

  • MNP転出は、ネットでも手続きができるが、
    数日電話が使えなくなるというデメリットがある
  • 一方、店舗で手続きすれば、即日開通する
  • 店舗で手続きが可能なMVNOの代表は、
    OCN(OCNモバイルONE)とIIJ(みおふぉん)
  • OCNの特徴
  • IIJの特徴

ということで、
050 plusを取るか、低速バーストを取るか、
という比較になりました。

結論として、OCNの050 plusを取りました。
そしてこれは、私にとっては正解でした。

というのも、OCNの1800円(音声通話あり)プランが、
2G→3Gと通信容量が増やされたため、
私の使い方では高速通信を節約する必要がないためです。

結果、ガラケーも合わせて電話番号3つ持ちになりました。
自分でも番号を覚えてません。

3-2. 番号発行@DoCoMoショップ

  • 方針が決まったら、MNPナンバーをゲットする
  • DoCoMoショップに行って、
    「MNP番号ください!」と言ったらもらえた
  • MNP料金2000円は、契約変更時に請求される

3-3. 店舗で格安SIM申込み手続きをする

4. 通話をどう安くあげる?

4-1. IP電話を使う(050 plus、Fusion)

  • 050 plusは、固定電話や携帯電話への通話料金が、
    何もしない場合の半額程度になる
  • 通話料金は、固定電話へ3分8.64円、携帯へ1分17.28円
    (参考:おトクな通話料金・費用「050 plus」
  • 050 plusへかける側にかかる通話料は、以下の通り
    固定電話からIP電話(050番号)への通話料
  • 通話品質に難あり、という声も読んだが、
    現状、Wi-FiおよびLTE通信では普通に通話できている
  • 今のところ特に、時間差や音声の品質などの不満は感じていない

4-2. 家族通話かけ放題のガラケーを新規契約する

<'15 5/28追記>
通話料を安くあげるための記事を見つけたので、
貼っておきます。
→ 週末スペシャル - 「通話料割引サービス」の得する選び方[15年版]割高な格安スマホ・格安SIMも半額にできる:ITpro
<追記ここまで>

ということで、安くなるのは2700円+1200円、
高くなるのが1100円+通話料(税抜)くらい。
あんまり電話かけないので、絶対おトクだ!

実際にOCNから来ている請求は、
だいたいこんなです。

ご請求額  :2,216円
(うち消費税分 : 164円)

料金内訳
〔OCN・インターネット〕
     OCNモバイルONE/基本料     :1,100円 (合算)
ユニバーサルサービス料金(ONE)  : 2円 (合算)
モバONE/SIM(音声)利用料   : 700円 (合算)
モバONE/通話料          : 200円 (合算)
モバONE/SMS送信料(国内)   : 18円 (合算)
050 plus基本料        : 300円 (合算)
050plusモバONE音声基本料割 : -300円 (合算)
050plusモバONE音声ユニバ割 : -2円 (合算)
050 plus国内通話料      : 32円 (合算)
ユニバーサルサービス料(050)   : 2円 (合算)
消費税相当額(合算分)        : 164円 (非対象等)

iPhoneでは動画を観ないので、
毎月3Gでも全然余ってます。
通話は、050だと半額以下でかけられます。
音質も、特に問題は感じないです。

家族用のガラケーは870円とかなので、
足すと3100円ぐらいです。

満足!

〜完〜

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2015年5月19日 18:59に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Movable Typeのプレビューを別タブで開くようにする設定方法」です。

次のブログ記事は「自分の中で「プレイヤー」と「マネージャー」を分ける」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ