ファイルやスクリプトも開けるMacのショートカット設定法〜AlfredとBetterTouchToolの活用法〜

  • よく使うアプリを素早く開きたい
  • 色々なサイトで検索する
  • 色々なショートカットを覚えるのはめんどくさい
  • でも特に頻繁に使うものはキーボードショートカット一発で開きたい(アプリもファイルも)
  • できれば無料で環境構築したい

というような人欲張りなあなたのために、
こういうの大好きな私が色々と調べた結果をお届けします。

0.ツールの選択

結論:AlfredとBetterTouchToolの2つに決定しました。

以下、選択の理由です。
急いでいる人は飛ばして、本編に進んでください。

以下が、他の候補たちです。

Quicksilver

○長い実績。愛好者多い
△日本語入力が弱い
△開発が終了してしまっている

Butler

○アプリ、ファイル、スクリプトも開ける
○ショートカットの設定が可能
○検索エンジンの登録が可能
○iTunesのプレイリストも開ける
○日本語も通る
△ver5からシェアウェア化($20)

私、元々Butler大好きで、相当使い込んでいたのでちょっと残念です。

Butlerを試してみた - うむらうす
ButlerでSizzling Keysっぽい動作をする - うむらうす
iTunesのプレイリストをショートカット一発で呼び出す - うむらうす

Launchpad

Lionから出てきた、Apple純正のランチャーです。

が、アプリを開くものなので、ファイルが開けないので困りました。
(と思っていたら、後で説明する細工でファイルも開けます)
ただ、webで検索するとかはできません。

Alfred

そこで出てきたのが、Alfredです。

良い点は、以下の通り。

○日本語が通る
○開発終わってない
○無料(有料機能拡張パックあり)
○ファイルもスクリプトも開ける
○検索エンジンも登録可能

Alfredの概要については、以下のサイトが参考になります。

さらばQuicksilver!これからはAlfredの時代だ!! | minimalab
Alfred の基本的な環境設定 | Macとかの雑記帳

Alfredは、AppleのApp Storeからもダウンロードできます。
しかしこの場合、後で有料のPowerpackを適用することができません。

Powerpack適用するかも、という場合は、
↓このサイトからダウンロードしましょう。
Alfred

何があっても無料で行くぜ!
という気合い十分な人は、App StoreからでOKです。

ということで、今までButlerでやっていた以下の機能を、
AlfredとBetterTouchTool(BTT)へと移行しました。

  1. 名前を入力してアプリを開く(Alfred)
  2. 名前を入力してファイルやスクリプトを開く(Alfred)
  3. ファイルやアプリにキーボードショートカットを割り当てる(BetterTouchTool)
  4. 様々な検索エンジンを登録し、検索ワードを投げる検索窓(Alfred )
  5. (おまけ)他にもいろんなことのショートカットを設定

結構あるなぁ。
ということで、1つずつ行きます。


1.名前を入力してアプリを開く(Alfred

ランチャーの一般的な機能ですね。
Alfredの検索窓に、アプリ名を入力します。

Alfred0.png

途中まで入力すると、候補が下に出てきます。

検索窓を呼び出すキーは、ここで設定できます。

Alfred2.png

私は速度優先で、今までButlerさんに割り当てていた
Control + Space をあげました。
Butlerさん、さようなら...

アプリの呼び出しだけなら、
Apple純正のLaunchpadを使ってもいいですね。
Launchpadは、さすが純正だけあって、
「アプリケーション」フォルダ内であれば、
変更はすぐに反映されます。

でも、ここでは後のこともあるので、
Alfredを使ってみましょう。

使い方については以下のサイトが参考になります。
Macのランチャーアプリ「Alfred」の便利さに、今さらながら気がついた。 / 旧:あなたのスイッチを押すブログ 
Alfred の無料版でつかえる機能の使い方と設定 | Macとかの雑記帳


2.名前を入力してファイルやスクリプトを開く(Alfred)

ここです。ここからキモです。

まずAlfredの設定で、AppleScriptにチェックが入っているのを確認します。

Alfred1.png
↑ここにチェック。デフォルトがどうだったか忘れました。

ここにおもむろに、たった一行のAppleScriptを作成します。

do shell script "open 【開きたいファイルのパス】"

"" の間に、
open半角スペース【開きたいファイルのパス】
と書くのです。

やり方は、簡単。
開きたいファイルを "open " の間に、
マウスをプルプルさせながらドラッグアンドドロップすればOKです。

以下のように、勝手にパスが表示されます。

alfred11.png
こんな感じになります。

openとパスの間に半角スペースがあることを確認してください。
"open "【開きたいファイルのパス】
みたいになっては動きませんので、注意しましょう。

できましたら、「アプリケーション」形式
ユーザースクリプトフォルダあたりに保存しましょう。
ホーム/Library/Scripts
です。

AppleScriptをアプリケーション形式で保存する方法は、
こちらを参考にしてください。
シェルスクリプトを Mac OS X 方式の .app にする方法 [簡単 2 ステップ] -
うむらうす

さぁ、準備は完了。

それでは、Alfredの窓を出してファイル名を入力していくと...

Alfred14.png

ちゃんと候補に出てきます。そしてreturnを押すと...

Alfred15.png

見事ファイルが開きました!!
(指定されているデフォルトのアプリで開きます)

【開きたいファイルのパス】
のところを変えたスクリプトを作れば、
いろんなファイルをAlfredから開けますよ!


3. ファイルやアプリにキーボードショートカットを割り当てる(BetterTouchTool)

アプリだけでなく、ある特定のファイルやAppleScriptを何回も使う
というケースはよくあることでしょう。

そういう場合、
「アプリ(だけ)を開くためのランチャー」では、
ファイルを開くことができません。

こんなとき、
ファイルにキーボードショートカットを割り当てておくと、
ものすごく速くファイルを開ける
のです。

BetterTouchTool(BTT)は、いわゆるランチャーではないので、
ちょっと意外な感じがします。しかしBTTには

「open application / file / script...」

という項目があり、ここで登録すれば、
アプリケーション、ファイル、スクリプト、
どれでもショートカットやジェスチャーを
一発で開くことができるのです。

やり方は以下を参照下さい。

アプリをキーボードから一発起動するショートカットを作成できる。そう、BetterTouchToolならね。 / 旧:あなたのスイッチを押すブログ 
Mac必須!トラックパッドを更に便利にするアプリ「BetterTouchTool」 - nori510.com
[mac神アプリ]トラックパッドが神の手になる「BetterTouchTool」の設定方法と設定値 - nori510.com

BTTを前から使っている私としては、
扱い慣れているのでよかったです。


4.様々な検索エンジンを登録し、検索ワードを投げる検索窓(Alfred )

「登録語+半角スペース」としてから検索したい言葉を打ち込むと、
様々な検索エンジンでの検索ができます。

私は、
Google Mapなら「gm」、
Google Imagesなら「gi」、
Amazonなら「amz」
とか、
デフォルトの登録語の設定から更に短くしてます。

Alfred3.png

どんだけめんどくさがりなんだという感じです。

検索エンジン以外にも、あるブログの検索窓、とかも登録できたりします
ここがポイントです。

Alfred6.png

こんな風に登録します。

私の場合、自分が昔に何を書いたか忘れているので、
このブログの検索ができるようにしています。

Alfred4.png

やり方はこちらで詳しく説明されていますので、参照ください。
Alfred の無料版でつかえる機能の使い方と設定 | Macとかの雑記帳


この設定は、していない人が多いかと思いますが、
慣れてしまうと相当便利です。
一度設定すると、その後何百回何千回と楽ができるので、
5分取って試してみることをオススメします。


5.(おまけ)他にもいろんなことのショートカットを設定

「AppleScriptをAlfredで呼び出せる」ということは、
「AppleScriptでできることは何でもAlfredの窓から発動できる」
ということになります。

一例として、
「Alfredの窓からiTunesのプレイリストを再生」
できるようにしてみます。

iTunesでプレイリストの再生

以下のような3行のAppleScriptを作ります。

tell application "iTunes"
play playlist "--トップレート"
end tell

これを上と同じように、
・アプリケーション形式で
・ユーザースクリプトフォルダに保存

することで、Alfredの窓から呼び出すことができます。

Alfred10.png

AppleScriptでiTunesを操作する方法は、以下が参考になります。
iTunes for Mac まとめ - AppleScript

実は、Alfredには有料のPowerpackという機能拡張パックがあり、
これを入れるとiTunesのミニプレイヤーが使えるようになったりします。
(参考:
Alfred の Powerpack でつかえる機能の使い方と設定 | Macとかの雑記帳
超絶便利なランチャアプリ Alfred 本体と Powerpack をインストールしてみる | MacBook Air とWordPressでこうなった

お値段は€15です。
$20ケチって€15払うのもアホらしいので、
なしでがんばりました。本末転倒?

他にもいろんなことができる

Alfredからは、iTunes以外にも、
「スリープ」「スクリーンセーバー」「システム終了」なども
呼び出せるようです。

Alfred7.png

BTTも負けてませんね。

BTT_shortcut.png

できること多すぎ(笑)


まとめ

ということで、大事な点は2つあります。

・AppleScriptをユーザースクリプトフォルダに保存してAlfredで呼び出す

これで、アプリやスクリプトだけじゃなく、
どのファイルであってもAlfredから一発で開けます
(デフォルトのアプリで開きます)

(Alfredはファイルも検索できることになっていますが、 外付けHDDに置いたファイルが引っかかってきません。 ユーザーフォルダとアプリケーションフォルダ以外は 見に行かないのでしょうか?)

それだけでなく、
AppleScriptでできる様々なことがAlfredから一発で呼び出せます

なんでもできそうです。
色々活用できますね〜。

・BetterTouchToolを使ったキーボードショートカットの設定

長らく、キーボードショートカットの設定を何でするか迷っていましたが、
私の中ではこれが決定版になりそうです。

システム環境設定からもキーボードショートカットを設定できますが、
これはアプリケーションのメニューに対する割り当てで、
特定のファイルに対しての割り当てはできません(たぶん)。

あなたのMacライフのお役に立てばうれしいです。

参考:
さらばQuicksilver!これからはAlfredの時代だ!! | minimalab
Alfred の基本的な環境設定 | Macとかの雑記帳
Macのランチャーアプリ「Alfred」の便利さに、今さらながら気がついた。 / 旧:あなたのスイッチを押すブログ 
Alfred の無料版でつかえる機能の使い方と設定 | Macとかの雑記帳
アプリをキーボードから一発起動するショートカットを作成できる。そう、BetterTouchToolならね。 / 旧:あなたのスイッチを押すブログ 
Mac必須!トラックパッドを更に便利にするアプリ「BetterTouchTool」 - nori510.com
[mac神アプリ]トラックパッドが神の手になる「BetterTouchTool」の設定方法と設定値 - nori510.com
Alfred の Powerpack でつかえる機能の使い方と設定 | Macとかの雑記帳
超絶便利なランチャアプリ Alfred 本体と Powerpack をインストールしてみる | MacBook Air とWordPressでこうなった

皆さんの拍手が私のモチベーションです。励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2012年10月19日 21:30に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10分ぐらい笑っていかないか?」です。

次のブログ記事は「なんだこれは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ