「ホチキスの針取り」を買ってみたら結構よかった。

ホチキスの針を取るのがめんどくさい!(心の叫び)

ペーパーレス化を目指していても、
ホチキスの針を取る機会というのが結構ある。

・資料をスキャンするとき
→せっかくオートフィーダー付きのスキャナがあっても、
ホチキスで綴じた資料が混じっていると、
大変なことになる。

・資料を捨てるとき
→紙と針を分別しないといけないんですよ。

・資料をシュレッダーに入れるとき
→これまた、針は取っておかないとマズイ感じ。

針がなくても紙だけで綴じられるホチキスも
話題になったりしていますが、
まだ金属の針が撲滅されるには至っておりません。

いつの日か、分別が不要なホチキスの針が
開発されないか心待ちにしているのですが、
その日はまだまだ先みたいです。

ということで、非常にめんどくさいのですが、
小心者の私は、爪が痛くなりながらも、
つい針を取ってしまうのです。

そこで、前から気になっていた
「ホチキスの針取り」
というツールをゲットしてみましたよと。

「はりトルPRO」
が評価が高いのですが、
使う回数なんて週に0.5回ぐらいなので、
プロだなんておこがましい。

とか思っていたら、
なんかちっちゃいのを見つけました。
コレです。

staple_remover1.JPG

「はりトルPRO Jr」みたいな感じです。
確か294円でした。

staple_remover2.jpg

画質が悪くてすみません。
iPod touchはカメラが微妙な子なんです。

staple_remover3.jpg

と思ったら、「はりトルPRO」も、
PROじゃないただの「はりトル」というのがあるんですね。
値段も同じ294円。
はりトル商品一覧 | サンスター文具

それはさておき、使ってみました。

staple_remover4.jpg

下あごを針の下に差し込み、
グリップをぎゅっと握る。
確かに簡単に取れる!なんか楽しい!

オートフィーダー付きのスキャナーを
初めて使ったときのような喜び。
意味もなく使いたくなる。

取ったあとの針も、そんなに危ない感じじゃない。
(とは言え、小さいお子さんがいるご家庭では、
すぐに手の届かないところに捨てるようにしてください。)

staple_remover5.jpg

少し大きめの針も、問題なく取れました。

コツとしては、
「針の下にアゴを噛ませて、
ギュッと握って針をM字型にしてから、
手首を回転させるようにする」

と、スムーズに針の片側が抜けます。

そこから手首を逆に回転させると、
逆側も簡単に取れます。

ということで、オススメでした。
注意)あんまりお店で売ってるの見ません。

こちらの画像で見ると、はりトルPROの方がなんかすごそう。
はりトルPRO

値段もそんなに変わらないので、はりトルPROも
試してみたいものですなぁ。


関連記事:
ノートアプリとスタイラスについて検討したことのまとめ
文具好きの私が愛用する厳選アイテム(2012)
ノートカバーというものを買ってみた(レザフェス ノートカバー)

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2012年7月 6日 07:50に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「なんとかエンペラーっつーのはあてになんない」」です。

次のブログ記事は「web拍手にお答え 2012年1月〜3月」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ