「チャンスの神様には前髪しかない」について考える

「チャンスの神様には前髪しかない」

こんな言い伝えがある。
一般的な解釈は以下のようなものだろうか。

チャンスの神様は高速で移動していて(おそらく走っている)、
しかも後頭部がノル木だから、通り過ぎてしまってからは つかまえることがとても難しい。

だから、常に準備を怠らず、
チャンスが訪れたときには、
通り過ぎる前に迷いなくつかみ取るべし!

しかし、そこで
「ほー、なるほど。後頭部ノル木。φ(。_。)メモメモ」
などと思考を止めてしまうのは知的怠慢!
もっと深い意味があるんじゃないか?なくても深読み!
さあ!脳内深く、レッツダイブ!

1.チャンスの神様ってどんな髪型なの?

・長髪:前髪しかないとしても、高速で動いていればなびくはずなので、
 後ろからでもつかめるはず。→×
・スキンヘッド:前髪はあるらしいので、矛盾→×
答え:必然的に短髪

しかし!
短髪なら、後ろ髪があったとしても普通つかめないだろ!
例えば、100M金メダリストのボルト選手が走っているとき、
後ろ髪をつかむことができるか考えてみればすぐにわかる。

ボルト選手は早すぎにしても、追いつけない速度(*1)で動いている人の
後ろ髪をつかむのは難しい。
(*1 追いつける速度なら、前髪後ろ髪関係なく追い抜かして、
正面からつかまえればよろしい)

→あえて「後ろだけノル木」という奇抜な髪形である必然性が消滅。
しいて言えば罰ゲーム?(*2)
(* 後頭部にバリカンでを当てられた揚げ句、
地上に降りて人間の目の前をうろちょろしろ、
というイヤがらせ的なゲーム)

ということで「前髪しかない」ということ自体、
特に意味がなくなってしまった。
わぁ困った。


2.なぜ髪の毛をつかもうとするのか?

追いつけないほど早く動いている人を引き止めたいとしたら
(呼びかけても止まらないとする)、あなたはどこをつかむだろうか?

私は髪の毛じゃないと思う。

例えば、前に財布を落とした人がいたとして、
急いでるみたいで呼びかけても止まらない場合、
その人の髪の毛つかみますか?

違うでしょう。
手か服ぐらいでしょう。

でも、この諺はもうそれしか選択肢がないぐらいの勢いで、
髪の毛についてしか言及していない。
ということは、以下のようなことしか考えられない。

・両手を前に付き出して高速移動している(走っている?)
 それでいて、追いつけないくらい速い。
・服は、よくありがちな神様像みたいにヒラヒラしてない。
 むしろ水着みたいにピッチピチ。
・ちなみに短髪(前述)

どうだろう。
あなたの中のチャンスの神様像が、今、音を立てて
変化しているのではないだろうか。
(ちなみに私の中でのイメージは、どんどん陸上選手に近づいてきている。)

しかし、まだだ!まだ終わらないぞ!


3.捕まえたあと、どうするの?

いくら神様とはいえ、初対面で(*3)前から髪を
つかんでくるようなヤツの言うことを聞いてくれるものだろうか?
礼儀というものはないのだろうか?
(*3 2回目以降であれば、そんな危険なヤツが視界に入った瞬間、
神様は逃げて行くだろう)

つまり、髪の毛をつかんでつかまえようとすること自体、
本当にチャンスをモノにしたいのか疑問といわざるを得ないのだ。
せめて、腰にタックルして取りすがるとかそんな感じじゃなかろうか。
(チャンスの神様が女神様だった場合、セクハラに気をつけなければ
いけないが、短髪だし後頭部ノル木という奇抜な髪形なので、
多分男性だろう)


というように、ここまで見てきたように、
いわゆる「チャンスの神様には前髪しかない」
伝説には、不審な点が散見される。

そこで、こういった言い伝えを鵜呑みにせず、
もしあなたが運良くチャンスの神様に遭遇したとしても、
後ろ髪の有無に関わらず、髪の毛をつかんで引き止めるのは
最後の手段とするべきで、もっと穏便にことを運んだ方がよいだろう。

一方で、こんなネット情報を鵜呑みにせず、
自分の頭で考えるのが重要であるということは言うまでもない。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2010年7月12日 01:01に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あなたは何を握っていますか?」です。

次のブログ記事は「自営業の割合は減り続けているようだ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ