FreeMindでマインドマップ

以前フォトリーディングというものを紹介したが、その流れでマインドマップ(Wikipedia)というものを試してみている。

マインドマップとは、大ざっぱに言うとノートの取り方(あるいは情報のまとめ方)の一種で、 単に箇条書きにするのではなく、項目同士を図形的に繋いだ形でマッピングすることで、記憶に残りやすくなるというものだ。 構造が脳の記憶の仕組みと似ているかららしいが、絵として覚えると記憶が増強されるという効果もありそうだ。 どんなものかは上のWikipediaのリンクなどを見て欲しい。

本当はノートに手で書くとより記憶に残るようなのだが、電子データとして作ると書き直しが自由なので、Macで使えるツールを探してみた。
思考の道具 :「アウトライン & マインドマップ*1 編」- Mactopia
こちら↑を参考に、FreeMindというフリーのマインドマップ作成ソフトが良さそうなので、試している。

FreeMind(フリーマインド) 活用クラブにアプリの基本的な操作法の説明があるのだが、Windows環境用なので、Macで使うと微妙に食い違う。 そこでどうせならと、FreeMindを使って、FreeMind操作法(Mac版)のマインドマップを作ってみた。 MacならPDF出力も簡単だぜ、という意味でのPDF。

FreeMind(Mac).pdf

マインドマップって何?という人は見てもらえればこんなもんかとわかるだろうし、使ってみようという人も参考にすると便利かもしれない。ショートカットを変更しないと使いにくいと思うので、その画面だけつけておく。

ショートカット設定画面

FreeMindのダウンロードはこちらから。
上のマップは Mac_OS_X_Freemind-0_8_0.dmg を使っている。
PPC用と書いてあるが、Javaアプリらしいので IntelMac でも動くかもしれない(未確認)。

参考:
shio的マインドマップ利用法──MacPeople記事連動

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2008年1月 7日 23:19に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「放置プレイに耐えかねて」です。

次のブログ記事は「放置プレイ終わり!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ