心頭バーニング

近ごろ暑いなぁ。と思いふと考える。

暑いのに耐える的な諺として、「心頭滅却すれば火もまた涼し」がある。 この諺は「二つの温度が異なる物体が接したときに、 熱は温度が高いほうから低いほうへ流れる」 という熱力学第0法則(ホントにあるよ)を元にしている。 つまりどんなに高温でも、相対温度が低ければ涼しく感じるという主張だ。


しかしこの考え方には大きな欠点がある。

確かに相対温度が低ければ涼しく(冷たく)感じるだろう。 しかしその前に「心頭滅却すれば」という恐ろしい仮定があるのだ! これは相当難しい。

体だけでも不可能というかおそらく死に至るため、 涼しいと感じるヒマもなかろう。 仮に死に至らなくても、火傷が痛くて「涼しい」とは思えまい。

要するに絵に書いたモチだ。

関係ないけど宇宙人情報。要約。
10月の南アメリカで夜中にチューブ状の武器を持った宇宙人に攻撃されマヒする確率が高い。

従って、10月に南アメリカで夜中にチューブ状の武器を持った宇宙人を見かけたら、 マヒさせられないように気をつけるべきだということがわかった。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2001年5月14日 00:13に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「続・レッサー」です。

次のブログ記事は「グレート分別」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ