数字2つで西暦と元号(明治〜平成)を換算できる覚え方

西暦と元号(平成とか昭和とか)を換算したい!
と思うときが、年に数回くらいあるわけです。
平成昭和はなんとかわかるのだけど、
明治と大正がよくわかんない。

そこで考えてみたら、結構簡単に覚えられそうなので、
考え方を書いておく。

まず、大体の場合、元号→西暦の換算なので、
その方向で考える。逆のときは逆に考えて下さい。

明治:元号から33を引くと西暦。45年まで
大正:元号に11を足すと西暦。15年まである
昭和:元号に25を足すと西暦。64年まである
平成:元号から12を引くと西暦。

元号に足すか引くかが変わっているが、
間違えてると数字が妙なことになるので、
別に覚えなくてもいいと思う。

つまり、キーとなる数字だけ覚えておけば事足りる

明治:33
大正:11
昭和:25
平成:12

このうち、平成の12は今年の西暦と元号を考えれば分かるだろうし、
昭和生まれの人は自分の誕生年を考えれば25もわかる。
(平成生まれの人は気合いで頑張る)

従って、覚えるべきは明治と大正だけなのだが、
ラッキーなことにどちらもゾロ目だ!
つまり、覚えるのは3と1だけでいいよ。
31。サーティーワンだね。

元号アイスサーティーワン
あるいは
元号チョコミントアイス
と覚えよう(適当)。

ここまでで換算は終わりなのだが、ついでに
「その元号が何年まであったか」も計算してみよう。

前の元号の最後の年=次の元号の元年
なので、次の元号の元年を計算すればわかるね。

昭和が64年までは知ってるとして、
(平成生まれの人は気合いで頑張る)
手強いのはやはり明治と大正。

1.明治は何年まで?
大正元年は、サーティーワンの1だから
11足して1912年。
12から33引いてみると、79。
明治79年?ありえない。
じゃあ33足してみると、45。
おお、なんかそんな感じ。
つまり、明治は45年まで

2.大正は何年まで?
昭和元年は、25足して1926年。
26から11を引くと15
つまり、大正は15年まで

とまあこういうことで、
3と1、数字を二つだけ覚えておけば、
明治〜平成まで換算マスターできますよ

ということだ。

みんな、わかったかな?ちょっと難しかった!?余裕だよね!
元号チョコミントアイスでがんばれ!(しつこい)

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2011年11月22日 23:47に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「伺う」と「お聞きする」どう違う?」です。

次のブログ記事は「Todo管理アプリをdo it TomorrowからWunderlistに乗り換えた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ