感想メモ:チギレグモノ、ソラノシタ

チギレグモノ、ソラノシタ
チギレグモノ、ソラノシタ
  • 発売元: 小学館
  • 価格: ¥ 1,155
  • 発売日: 2009/08/19

★★★★☆

コールドリーディングで有名な石井裕之氏。
小説形式で心の悩みを楽にするコツを伝えている本。
こういうテイストの文章を書く人だと思っていなかったので
意外だったのだが、よい方に裏切られた。
(この感想は、本のソムリエさんと同じ。
「チギレグモノ、ソラノシタ」石井 裕之 – 【本ナビ】 一日一冊読書感想集

知識としては知っていることでも、
ストーリーの中で登場人物が体験しているのを読むのは、
頭に違った入り方をするようだ。
これは、喜多川泰氏の物語形式の自己啓発書と同じ形だ。

以下、心に残った部分。

”でも”という逆説の接続詞が、前に来る言葉の印象をキャンセルしてしまうからなんです。

「退屈な男がいちばん考えそうなことはなんだと思いますか?」
「さあ・・・なんでしょうか?」
「『自分は退屈な男だ』ってことですよ」

でもね、間違えちゃいけませんよ。”大切なことそのもの”を我慢しちゃいかんのだ。

というわけで、これまたよい本でした。オススメ度は★4つ。
最近当たりが多いなぁ。幸せ。

関連:


その他の書評などはこちら。
Socialtunes – haru

「感想メモ:チギレグモノ、ソラノシタ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − fourteen =