感想メモ:武道のコツでスポーツに勝つ!

武道のコツでスポーツに勝つ!―運動基礎理論が教える
武道のコツでスポーツに勝つ!―運動基礎理論が教える
  • 著者: 吉田 始史
  • 発売元: BABジャパン出版局
  • 価格: ¥ 1,890
  • 発売日: 2003/12

★★★☆☆

少し前に、スポーツ界に武道ブームがあった。
武道には、年月をかけて研ぎ澄まされた、
身体の操作法があるのだろうから、
それを活用しよう、ということだ。

本書も、そのような意図で書かれている。
日頃スポーツをしていると、
そのスポーツの枠の中でしか
考えなくなってしまうので、
その枠の外にある身体の使い方に触れるのは
非常に参考になるはず

上達した人の利き腕の肩は前に出た状態で稼働し、
そうでない人の肩は身体の横や後ろで稼働している
ということです。

右利きなら、左肩が前に出にくいはず。
これも訓練次第で出るようになります。

逆に言うと自分の体重つまり、腰の重さ、
肩の動きを手まで伝えるためには肘を締めなければ
ならないということです。

中国武術にも「沈肩垂肘」という言葉がありますね。

スポーツで悩んでいることがある場合、
様々なヒントが得られるかもしれません。
オススメ度は★3つです。

関連:


その他の書評などはこちら。
Socialtunes – haru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 5 =