感想メモ:イノベーションのジレンマ—技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

イノベーションのジレンマ—技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)
イノベーションのジレンマ—技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)
  • 発売元: 翔泳社
  • 価格: ¥ 2,100
  • 発売日: 2001/07

★★★★★

 社会人なら読むべき 技術屋なら絶対読むべき

 企業に勤める人なら読んでおいて損はない有名本。顧客ニーズに応えるためにがんばって性能向上を目指して突っ走っていると、いつの間にか性能が顧客のニーズを追い越してしまい、性能では劣るが別の価値がある安価な技術に対抗できず、足下をすくわれてしまう、という感じの話。PS3とWii、というとわかりやすいか。

 レビューはネット上にたくさんあるので、ここにはこれ以上書かない。この辺りを読むといいと思う。

Life is beautiful: 図解、イノベーションのジレンマ
イノベーションのジレンマ (クレイトン・クリステンセン) : tokuriki.com


その他の書評などはこちら。
Socialtunes – haru

「感想メモ:イノベーションのジレンマ—技術革新が巨大企業を滅ぼすとき」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 3 =