感想メモ:したたかな生命

したたかな生命
したたかな生命
  • 発売元: ダイヤモンド社
  • 価格: ¥ 1,680
  • 発売日: 2007/11/16

★★★★☆

 生命の持つロバストネス(頑丈さ)には、知れば知るほど感心させられる。この生命が進化の末に獲得してきたロバストネスの仕組みについて、それを実際に技術として実用化した例を交えながら説明されている。

 内容は下のようなもの。

  • システム制御方法:netative/positive feedback, feedforward
  • 冗長性、多様性、モジュール構造、デカップリング
  • ロバストネスのトレードオフ

 長年の進化の果てに獲得された仕組みだけに、感心させられる例が多かった。

 他に、生命の仕組みを技術として用いている例を紹介している本としては、赤池学氏の「自然に学ぶものづくり」「昆虫力」などがある。★4つ。


その他の書評などはこちら。
Socialtunes – haru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × four =