感想メモ:なんとか会社を変えてやろう

日経ビジネス人文庫 なんとか会社を変えてやろう 実践ガイド・企業風土改革の進め方
日経ビジネス人文庫 なんとか会社を変えてやろう 実践ガイド・企業風土改革の進め方
  • 著者: 柴田 昌治
  • 発売元: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2004/01/07

★★★★☆

組織変革、と言うのは簡単だが、やるとなると一大事だ。
組織風土というのは、年月をかけて形作られた形のないもので、
だからこそどうすれば変えられるのかもよくわからない。

この本は、そうした組織変革のストーリーを描いた
なぜ会社は変われないのか」の続編。
前作は実話を元にして組織変革のプロセスを追ったものだったが、
この本は、どうすれば組織変革を実現できるか、
そのポイントと注意点などが語れている。

前作を読んで
「どうすれば実現できるのだろう?」
あるいは
「なんでうまくいかないのだろう?」
と悩んでいる人のための本。

読んでみて
「書いてあることは正しい」
と直感した。思い当たることが非常に多い。
この人たちの力を借りると、本当に抱えている問題が
良くなるのだろうか…?試してみたい。

役所での変革の実例を描いたどうすれば役所は変われるのかなどと共に
読んでみると良いでしょう。
組織に不満を持っていて、何とかしたいと思っている人にオススメ。
そういう人へのオススメ度は★4つです。

序章 意識改革では変われない

第1章 問題を見えやすくするには

第2章 会社を変えていくプロセス

第3章 気楽にまじめな話をする場づくり

第4章 キーマンと人材育成

第5章 人事制度と組織の変革

第6章 責任の明確な意思決定ルール

第7章 今の日本企業に必要なものは

終章 なんとか会社を変えてやろう

関連:


その他の書評などはこちら。
Socialtunes – haru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − three =