丘サーファー

−今日は日本の丘サーファー第一人者である、丘 乗夫さん(仮名)にお話を伺いたいと思います。 丘さんよろしくお願いします。

丘:よろしく。

−さて、まず丘さんが丘サーフィンを志した理由から、お聞きしたいと思います。

丘:小さい頃、テレビでサーフィンの大会をやってるのを見たんです。 でっかい波を自由に乗りこなして、真っ黒に日焼けしてて、それでいて歯が白くて。 これはカッコいいぞ、と思いました。オレもこんな風になりたいぞ、と。 ところが、私は長野県に住んでいたので、海がなかったんです。

−乗りたくても波がない、と。

丘:ええ。これでは県外に出ないとサーフィンができないんです。 この現実に気付いたときには目の前が真っ暗になりましたが、 長野に誇りを持っていたので、海がないことを言い訳にはしたくありませんでした。 あきらめきれなかったんです。

−サーフィンへの憧れはそれほど強かった。

丘:いろいろ考えました。 海がないなら作ればいいじゃないかと思い立ち、近くの池に塩を大量に入れてみたり。 次の日、魚がいっぱい腹を上にして浮かんでて、びっくりしました。

−しょっぱくなっても波は立たない(笑)

丘:そう、そう(笑)。結局海を作るのはあきらめました。 次に思いついたのは、海があることにすることでした。

−あることにする、ですか?

丘:そうです。海があると思えば、そこに海はあるんですね。 ないと思うから、ないんです。 気付いてしまえば簡単なことなんですが、目の前がパッと明るくなりましたね。 やっとサーフィンができる!と。

−よくわかりませんが、よかったですね。

丘:後は波に乗るか、丘に乗るかの違いだけでした。

−水と土との違いは気にはならなかったのですか?

丘:最初は戸惑いました。パドリングしても、全然進まないんですよ。 それこそ5cmずつぐらいしか進まない。 しかし1ヶ月ぐらい悩んでいて、ある時ボードを脇に抱えて走ってみたんです。 やはりパドリングよりも全然速いんですね。これで問題は解決しました。

−水の上だと、走れるのは忍者だけですからね。 ところで失礼ですが、回りの目は気になりませんでしたか?

丘:新しいものは、回りの反発を招くのはわかっていましたから。 イチローの振り子打法も、最初は認められなかったそうですから。

−自分をイチロー選手に例えるのはどうかと思いますよ。

丘:道具も変えました。ボードを丘用にしたり、ウェットスーツも丘用に一から作り直しました。 あとは、いろんな丘に乗りに行きましたね。 初めて鳥取砂丘を目の前にした時は、感動で足が震えました。これか、と。

−その熱意が今の丘さんを支えてきた。

丘:全てを丘にぶつけて行った結果が、今につながったんだと思います。

−最後に、これから丘サーフィンを始める読者に向けて、メッセージをお願いします。

丘:丘サーフィンは、楽しいことばかりではありません。 時には、海に逃げたくなるときもくるかもしれません。 でも、丘はウソをつきません。丘にもいい風が吹いてますよ。

−ありがとうございました。


続編

ありがとうございます。皆さんの拍手が私のモチベーションです→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、haruが2004年8月14日 21:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分」です。

次のブログ記事は「てこ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ