Firefoxのメモリ食いを小食にする

Firefoxのメモリ大食いグセは、アドオンが充実しているFirefoxにとって、 「これさえなければ・・・」の最たるものだった。 しかし私は昨日、ようやくマトモに効く対処法を発見したのだった。
メモリ消費 - Mozilla Firefox まとめサイト

・・・なんかすごい普通に本家のまとめサイトなんですが、 なんで今まで試してなかったんだろう。 あたかも昨日突如としてサイトが現れたかのようだ・・・不思議すぎる・・・ すみません探し方が悪かったです m(_*_)m

で、以下やり方。

プロファイルフォルダの user.js に以下を記入

// 1.メモリキャッシュの量を指定(単位はKB - 例: 16384/32768/65536など)
user_pref("browser.cache.memory.capacity", 16384);
// 2.ウィンドウ最小化時にメモリ使用量を節約(Windowsのみ)
user_pref("config.trim_on_minimize", true);
// 3. 高速戻る・進む機能の最大保存履歴数を変更する(0:機能を無効)
user_pref("browser.sessionhistory.max_total_viewers", 5);

別にuser.jsをいじる必要はない。 新しいタブ/ウインドウを開き、URLに「about:config」と打ち込み、リターン。 これで設定項目をいじれるようになる。

まず1.から。
通常は可変になっているキャッシュメモリを固定にする。

1-1 「フィルタ」に"browser.cache.memory"と入力。すると "browser.cache.memory.enable"という項目が出てくるので、 falseになっていたらtrueにする。trueになっていたらそのまま。

"browser.cache.memory.enable"の当たりで右クリックし、 「新規作成」→「整数値」として、項目名として"browser.cache.memory.capacity"と入力。

その値に16384(メモリ512MGのとき)だか32768(メモリ1Gのとき) だか65536(2Gのとき)だかを入力。

ここまで書いておいてなんだが、効くのは3の方だと思う(←今更)。あ、2は無視ね。

3.高速 Back/Forward 機能 (bfcache) の設定
私はこれがメモリ大食いの犯人だと思う

フィルタに"browser.sessionhistory.max_total_viewers"と入力。 多分初期値は-1となっているので、0〜5とか好きな数字を入れる。 これは、Firefox1.5から搭載されている、 「高速Back/Forward機能」を制御するもの。 詳細はえむもじらさん参照のこと。
メモリ使用量スレッド FAQ - えむもじら

とりあえず3とかにして、試しにタブを30個ぐらい開いてみたものの、 メモリはいっぱいにならない(使用に支障がなければ1か0でもいいかも)。 今までだったら確実に、虹色カーソルぐるぐる vs Release Memoryとの激しいバトルになっていたところだ。

結構うれしい今日この頃(はぁと)

Firefox関連記事:

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2007年5月18日 23:13に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「体感治安」です。

次のブログ記事は「陰陽師がステキだ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ